大学生活 2020年11月

大学と旧ゼミ生との再会
[2020/11/29]

木曜日、祖母を連れて、三田キャンパスに行きました。金曜日には都倉先生の案内でゼミ生と一緒に、2021年春に旧図書館にオープン予定の「福澤諭吉記念慶應義塾史展示館」を見学しました。大学に2日続けて行くのは今年、初めてです。
塾史展示館は福澤諭吉や慶應義塾に関する歴史資料を集めた展示館で、来年春に一般公開予定です。教官の都倉先生が監修しているので、準備中の内部を特別に見せてもらいました。以前は閲覧室として使われていた場所で、天井が高く厳かな雰囲気の部屋です。展示館に至る通路には建学の精神を表した戦前のステンドグラスもあるので、訪れると歴史的な雰囲気を体験できます。ちなみに、キャプションは、ほぼすべて都倉先生が書いたとのこと。文章量が多く読み応えがあるので完成が楽しみです。
土曜日、岡原ゼミの17、18回生(私は現在、19回生)の友人から映画製作を手伝って欲しいという連絡があり、 蔵前に出かけました。彼らは映像関係の仕事をしている社会人ですが、趣味で自分たちのコンペ用の映画を作っています。久しぶりに2人に会ったのですが、彼らの映画愛は熱い!
彼らが出品するのは、「The TOKYO 48 Hour Film Project 2020」という映画祭です。お題の発表から48時間以内に短編作品を作るもので、コンペを勝ち抜いた作品はカンヌ国際映画祭で上映されるそうです。 ちなみに、先週、月曜日まで三田祭がオンラインで開催されていました。こちらの方は、みんなで集まれなかったので寒い感じ。やっぱり、三田祭はキャンパスで開催されるのが良いですね。

写真:https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/other/202009-2_3.html


岡原ゼミの卒業写真の撮影、飼い猫の死
[2020/11/22]

19日(木)、久しぶりに三田キャンパスに行きました。大学に行った理由は、岡原ゼミの卒業写真を撮影するためです。ゼミの卒業写真は毎年、撮っているのですが、私は普通の学生よりも2年間長く大学にいたので、3年分の同級生(2017年度入ゼミの17、18年入ゼミの18、私は現在、19)がいます。17は企業に入って2年目、社会人として活躍していますが、彼らと一緒に写っている昔の写真を見ると自分の出遅れ感を感じます。ちょっと、遠回りしちゃったかな〜。親に言わせると「遊びすぎ」。仕事をするようになったら、留年分の学費を親に返済しなければなりません。 あれだけ遊んだのだから仕方がないですね〜。楽しい大学生活です!
金曜日にはオンラインで都倉ゼミに参加。卒論のレジュメを発表し、問題点を指摘されました。自分では気づかない部分があるので、これから改変しようと思います。

ところで、木曜日の夜、飼っていた17歳の猫が亡くなりました。この猫は小学校1年生の時、我が家にやって来ました。17年間、一緒に生活したので、いなくなると寂しい……。安らかに眠ってください。


妹の就職活動
[2020/11/15]

私には同じ大学、学部に通い、岡原ゼミ、メディア・コミュニケーション研究所に所属する妹がいます。その妹の就活が本格的に始まりました。マスコミの本採用が始まっており、彼女は数社からお祈りメールを受け取ったようです。それを見ていると、自分の就活を思い出します。しかし、今年は企業説明会もインターンシップもオンラインになったので、まったく昨年と状況が違う。また、大学にも行けていないので、彼女は友人たちと情報交換もできないようです。「昨年よりも就活は厳しい」と感じている私は、できる限り知恵を絞ってアドバイスしています。気持ち的には「鬼滅の刃」のように、「禰豆子、お兄ちゃんが絶対に就活、成功させてやるからな!」という感じですが、果たしてうまくいくかどうか? 自分のことよりも他人のことを心配するのが難しいですね。現在の大学3年生の皆さん、大変な状況ですが就活、頑張ってください!

写真:https://chun14.com/writing-method-es
https://sumapo.com/wallpaper-list/1302-4/1.html


アメリカ大統領選
[2020/11/08]

最初に、コロナ禍に大統領選、アメリカの方々、お疲れさまです!
アメリカ大統領選挙が11月3日に行われました。今回は、コロナ禍のせいで郵便投票が増え、大統領選の行方に大きな影響を及ぼしました。11月4日時点で、民主党のバイデン氏が優勢です。郵便投票の無効を訴えてトランプ大統領が法的に抵抗していますが、さすがにこの状況は覆せない。皆の関心事は、トランプ大統領がいつ敗北を認めるかになっています。私は10月4日の「ゴーマニズム宣言special コロナ論」の章で、トランプ大統領の敗北を予言しました。理由は新型コロナウイルスの影響を受けて、人々がソーシャル・ディスタンスを取るようになったから。現在、人々はスキンシップよりも距離感が必要なので、これからはオンラインの文化が推進される。ちなみに、コロナ禍がなければトランプ大統領は再選されていたはずです。このような結果になったのはコロナ禍のせいで、 さすがのトランプ大統領も自然災害には勝てなかった。ついでに未来の予言をすると、バイデン大統領と菅総理は良好な関係を築くでしょう。しかし、1期で引退、次はカマラ・ハリス氏が大統領選に立候補しますが、コロナ禍も終息してスキンシップ文化が復活するので敗北。2024年には共和党の大統領が就任しているでしょう。その頃、私に親密な彼女がいるかな。自分のことは予言するのが難しいですね。

写真:https://twitter.com/104blog4/status/1323483812618137600/photo/1
https://ameblo.jp/gaikiti15/image-12629924870-14831066325.html


簿記3級の勉強開始
[2020/11/01]

先週、簿記3級の勉強を始めました。簿記3級の資格を取ろうと思ったのは、コーポレート職のどの部門に配属されても簡単な財務知識が必要だからです。簿記を始めるきっかけは、半年前、ソニーの採用で広報希望のエントリーをしようと考えていたとき、会社側からファイナンスでエントリーするように指示があったこと。私は文学部なのでまったくファイナンスの勉強などしたことがなく、当然のごとく面接は不通過。その時はまだ、ファインアンスの重要性に気づいていませんでした。しかし、就活を行っているうちに、企業の財務諸表くらい読めなければコーポレート職には就けないと気づきました。簿記3級のテキストを買い、ビデオや参考書を読むと、これが意外と面白い。こんなことなら、もっと早くファイナンスの勉強をしておけばよかったな〜、と後悔しています。大学生活もあと5か月。卒論執筆と簿記3級の資格を取ることに専念する予定です。

写真:https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/08601/


上へ戻る   ホーム