大学生活 2020年5月

嵐の前の静けさ
[2020/05/31]

先週、サイレントされていた企業ともう一つの企業からお祈りメールが来ました。この2つの企業はマスコミ系。これでマスコミの企業は全滅です。つくづく自分はメディア向きではなかったと思っています。これまで大学のメディアコムで勉強をしてきたのは何だったのだろう?とはいえ、メディア関連の企業で働く夢が終了しただけで、メディアの研究をするのは相変わらず楽しい。金曜日の都倉ゼミで、卒論についての構想をウェブ授業で発表しました。題材については就活が終わった後に、このブログで発表しようと思います。早く就活を終えて、学問の世界に戻りたい。
さて、来週の6月1日はいよいよ企業の面接解禁日。それを前に就活生たちの緊張感が高まっているに違いありません。すでに内定をもらっている学生が50パーセントいるとしても、6月に採用試験を受けた企業から内定をもらうのが大学生たちの本当の夢。嵐の前の静けさを感じます。

写真:https://zh.m.wikipedia.org/zh-hans/%E5%86%B7%E9%94%8B


高校野球、夏の甲子園大会中止
[2020/05/24]

某企業の1次面接を受けました。これが奇妙な面接で、最初からフィードバック。通過させる気がないなら、最初から面接など行わなければよいと思うのですが、結果は案の定、サイレント。 不通過の知らせさえありません。このような面接も、これでお終い。3月に企業面接が解禁され、気が付くと早3カ月が過ぎました。 すでに内々定のある学生はルンルンでしょうが、ない学生は悶々とした日々を送っていると思います。この間、会社にも行けないのですから、就活をしている実感も持てません。 不通過でも企業に足くらい運びたかったのに……。先週、高校野球・夏の甲子園大会が中止と発表されました。夏の甲子園は高校3年生の野球部員にとって、生涯に1度きりの大会。 さぞや無念だと思います。それは新卒就活生も同じ。残念ですが、それを糧に今後の人生を歩んでいきます。

写真:https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/howto/koshien/


夢は去っていった
[2020/05/17]

先週、某企業の2次面接と第1志望の企業の結果を受け取りました。2つとも「不通過」。 あらかじめ、これらの企業に入るのは夢だと思っていていたのでショックはありませんが、この企業を受ける時、大学の2人の講師の他、多くの方にお世話になったので、自分の実力のなさを申し訳なく感じます。 この企業の社員訪問をして優秀な方と話ができたのが楽しい思い出。夢は去っていっても、貴重な経験ができたと思います。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
振り返えると夢と現実が違うことに気づきます。これまで自分はメディア向きだと思っていました。しかし、これだけ縁がないと、もしかして違っていたのかもしれないと感じます。 就活終盤で気づくのは、少しのんき過ぎですか? 若気の至りとはいえ、長い人生を考えると今、気づけて良かったと思います。私と同じように夢が消えている大学生はたくさんいるはず。 と、終わりのようなことを言っていても、まだ就活は終わっていません。次の夢に向かって頑張りましょう!

写真:https://f.hatena.ne.jp/Blueforce/20080921001003


2次面接
[2020/05/10]

先週末、某企業の2次面接を受けました。5月に入って面接を数社受けることになっているのですが、2次まで面接が進んでいる企業は1つだけです。友人から、すでに大企業から内々定をもらっている話を聞きます。ネットの情報では現時点で、50パーセントの大学生が内々定を獲得しているとか。余裕がある人は羨ましいですね。
内々定獲得の話を聞くと、企業の採用活動が6月に集中する私は焦りを感じます。しかし、焦っても仕方がないので心を落ち着けることに注力しています。1年間、一生懸命、就活したのであとは「人事を尽くして天命を待つ」心境。ところで先週金曜日、ANAが採用の一時中断を発表しました。このような発表をするのは異例。 言い方を変えれば、今年は採用人数を減らすので、機会があれば別の企業の採用を優先させてくださいということでしょうか。私がエントリーした企業は採用人数の大幅な変更はありませんが、ANAが第一志望だった学生はつらい思いをしているでしょう。大変な状況が続きますが、就活生の皆さん、これからも一緒に頑張りましょう!

写真:https://www.fnn.jp/articles/-/40372


大学前期はすべてオンライン授業
[2020/05/03]

先週、大学から連絡があり春学期の授業はすべてオンラインで行うと発表がありました。 大学構内も立ち入り禁止で、図書館や事務所にも行くことができません。 本来なら卒論の準備をする時期ですが、大学図書館にある資料を閲覧することができないので卒論の準備も滞っています。同様に就活の方も足踏み状態。ゴールデンウィークで就活関連の活動がないので中だるみしてしまいそうになり、緊張感を維持するのに苦労しています。 思い起こすと、昨年5月1日に元号が令和へと変わりました。その日、私は皇居や銀座、三田の様子を観察しに出かけたことを思い出します。あれから1年、時のたつのは早い!この1年を振り返ると、私自身はインターンに追われる日々でした。世間では改元、夏の台風被害、冬のコロナ禍とパラダイムが大きく変わるような出来事が起こりました。 自分の就活と世界を重ね合わせると、その時々を思い出します。予想では、私の就活が終わる頃、コロナ騒動もおさまるような気がします。これは希望ですが、それが実現すると良いですね。

写真:https://zeimo.jp/article/30059


上へ戻る   ホーム