大学生活 2017年2月

イギリス留学 計画
[2017/02/26]

今週は、イギリス留学の計画を練りました。平日はウェストミンスター寺院や大英博物館、テートモダンなど、ロンドン市内を観光し、週末にオックスフォードやケンブリッジなど、ロンドン近郊の都市を観光しようと考えています。行きたい場所をピックアップすると、2ヵ月という期間の短さを身に染みて感じました。一般的に海外留学と言えば、語学研修を目的ですが、日常会話を話せるようになったとしても、文化について理解しなければ、本末転倒です。今回、計画を立てていて失敗したと思ったのは、イギリス文化に対する認識が甘かったことです。イギリス文化は思っていたよりも奥が深く、今回、体験できるとすればイギリス史の概要程度でしょうか。
ロンドン市内をまわるのにも時間が足りません。ロンドンではパブを廻ろうと思うので、書店で地図を買って、有名なパブのある住所に印を付けました。中には17世紀から続いているパブもあります。絶対に行ってみたい。観光名所を見終わった後、パブで一杯飲んで疲れをいやす。それでも、2か月では、有名なパブでさえ回り切れないようです。まだ、計画を立てる段階ですが、「光陰矢の如し」とは本当ですね。

シティ・オブ・ヨーク

写真:http://www.designfestagallery.com/form_jp/gallery/exhibitors/detail.php?id=Y000033903


入試期間
[2017/02/19]

2月は入学試験のシーズンです。今週は慶應義塾大学の入試があり、13日から16日にちにかけて経済学部、商学部、文学部、法学部の順で試験が行われました。入学から2年がたち、受験が昔の話になりつつありますが、この時期になると、受験のことが気になります。慶應の今年の倍率はどうか、早稲田の人気はどうなったか、出身高校の今年の成績はどうかなど調べるのが楽しみ。とくに今年は、予備校でアルバイトをしていた時期に相談にのっていた後輩が受験するので、一段と興味がわきます。今年は慶應大学文学部の出願者が昨年度の4500人から5000人に増加しました。リーマンショック以降、安定志向で理系ブームが続き、文系の人気が下がっていましたが、世相に明るさが戻ってきたのか、文系志向が復活してきています。なかでも、社会学部の人気が出ているようです。自分の所属学部の人気がでるのでうれしいですが、受験を控えた妹と両親は気が気ではありません。「受験者数が増加すると偏差値があがる。運が悪い」と口癖のようにいっています。ただ、大学入試はあくまで必要な学力があり、学校、学部の気質にあうかどうか調べるためのものなので、志願者が増えたからといって難易度が変わるものではないと思います。来週は、結果発表です。仲の良い後輩は合格するでしょうか。

写真:https://www.tus.ac.jp/admis/fac/img/img_fac.jpg


岡原ゼミ 映像ワークショップ
[2017/02/12]

7日、日吉キャンバスで岡原ゼミの映像制作のワークショップが開かれました。岡原ゼミは映像を扱う機会の多いので、今回の映像制作のガイダンスが開催されたのです。
ゼミではいくつかの班に分かれて、プロット、絵コンテを作成、撮影、編集しました。 私の班は怪獣から人々が走って逃げるシーンを担当、ワークショップを企画したリーダーのW君は、大勢の人が逃げる姿を俯瞰で撮ることを企画したのですが、人数が少なかったので、それを断念、横や後ろから撮影した断片的なシーンを繋げて、沢山の人が逃げているように合成しました。

手作りの怪獣

最終的に、各班で制作した映像が繋げられてショートムービーになったのですが、私の班が制作したシーンも登場、多くの人が逃げているように見えるので、その出来栄えにみんなが満足していました。
今回、ワークショップに参加して感じたのは、思っていたよりも画像処置が簡単なので、機会があれば、個人で映像作品を作ってみたいということです。 先輩に指導してもらった、面白いゼミ体験でした。


小諸・脇本陣ワークショップ
[2017/02/05]

私の所属する岡原ゼミは長野県小諸市を拠点に、地域のコミュニティ形成や地域活性の活動を行っています。 小諸は江戸時代、加賀前田家など大名の参勤交代の宿場として栄えた町です。大名や家臣の泊まった本陣、脇本陣が現在でも残っており、江戸の風情を感じさせてくれます。
岡原ゼミは地域活動の「こもろび」と題して、4年前から空き家となっていた脇本陣を活用した、アートカフェなどの町おこし企画を行っています。 今年4月には小諸市に観光局が開局、これから町の地域活性化が加速しそうです。
ワークショップには地元住民、高校生、市長、観光協会、県職員、美術館職員、活動家など総勢40名ほどの人が集まりました。地域振興は、地元の人々の存在が欠かせません。 これだけの人々が来るとは予想していなかったので驚きましたが、地元の人々は脇本陣の活用、地域活性化に積極的で、町は住民の意欲によって生きることを実感しました。
脇本陣は大名に次ぐ有力者や姫君が止まった旅籠で、明治天皇が行幸の際、近衛兵の宿舎とした建物も残っています。 ワークショップの中では、建物を改装しようという案がありましたが、歴史ある建物なので、私はリノベーションよりも文化遺産として修復・保護する方がよいと思います。 そこにカフェなどを作って、地元と観光客のふれあいの場になれば好いと考えています。 100年先を考えて建物自体を壊すことなく、内容を充実させる企画を考えていくのが最善の方法ではないのでしょうか。


上へ戻る   ホーム