大学生活 2016年9月

夏休みも、もう終わり
[2016/09/25]

夏休みのスケジュール
8月
伊勢・松坂旅行
名古屋観光
広島(帰省)
直島(瀬戸内国際芸術祭、李禹煥美術館、他)
9月
合氣道会合宿(新潟県魚沼市)
高野山・和歌山旅行(根来寺、和歌浦、他)

夏休みも、もう終わり。振り返ってみると、今年の夏休みはよく動きました。8月後半と、9月末を合わせても、2ヵ月間で家にいたのは3週間もありません。夏中ずっと動き回っていた感じがします。ハードスケジュールで、夏休みでも課題があるので、家にいる間は、ずっとレポートを書いていました。休みはいったい何だったのか。家でゆっくりする暇もなく、気付いたら夏休みが終わっています。

レポートでは、『自殺論』の書評と、樫尾先生の授業の課題で「自分誌」を書きました。自分誌は「地理誌」の個人版のようなもので、ライフヒストリー(自伝)や性格、家庭環境、家族関係などから自分の考え方をまとめたものです。過去を振り返ってみると、私の思考方法は「対照的な価値の間でバランスをとること」だとわかりました。合氣道(武道)とパレットクラブ(美術)という全く対照的なサークルに入っていたり、郊外という都会と田舎の中間に住んでいたり、私は相反する2つものの間で活動しています。関係性を通して世界を見る社会学も、こうした中間的な学問です。

一般的に、一つの事をやり通すことが美徳とされているため、私のような中間的な存在は「一つの事に集中していない」、「中途半端」と非難されます。子供の頃は、「好きなこと」や「やりたいこと」を見つけられないと「主体性が無い」と怒られました。しかし、自分誌を通して、私の進む道が、何か一つの事をやり通すことではなく、多様な価値観、存在、事物と関係性を持ち、バランスをとり続けることだと気付きました。普通の人のように、片方を殺し、進む道を一つに絞ることも出来ましたが、私はあえてそうしません。相反する2つの価値観を共有することは矛盾ですが、自己の中で葛藤があったり、その事を非難されたりすることがあるでしょうが、私は日常と非日常を結び付けるようなそういう生き方をしていきたいと思っております。私の生き方はモーツァルトよりもベートーベン、デカルトよりもカント的ですね。


高野山、和歌山観光
[2016/09/18]

近畿地方をおとずれるのはこの夏二回目ですが、高野山に観光に行きました。当日はあいにくの雨で、10mm位は降っていたのではないでしょうか。小さい頃から、休みの度に旅行へ行っていますが、雨に降られることは希です。普段も外出するときは大抵、晴れているので、「晴れ男」を自負しているのですが、イレギラーな現象も起きるようです。

高野山は、大阪なんば駅から南海電鉄を乗り継いで行きます。高野山に到着した後、最初に即身成仏した空海が安置されている奥の院を訪ねました。 高野山は文字通り山上に位置していますが、土地が平らで、山上に町が広がっています。 奥の院はそこからさらに山に入ったところにあり、参道脇には墓が立ち並び、曽我兄弟の供養塔や、加賀前田家、薩摩島津家、紀伊徳川家の墓がありました。 こうした墓は江戸以降に建てられたものがほとんどです。
江戸時代、伊勢参りやお遍路さんなど、観光旅行が成立します。高野山にも、多くの観光客が訪れるようになりました。 有名人や各藩主の墓石や供養塔はいまでいう観光資源のようなものだったのかもしれません。

密厳院という宿坊に一泊し、朝のお勤めに参加、翌日、和歌山に向かいました。
和歌山で訪れたのは紀三井寺、根来寺、和歌の浦、養翠園です。
根来は鉄砲の産地で、戦国時代、根来行人衆や雑賀党など、仏教勢力、一揆の拠点でした。 そのため、高野山や根来寺は秀吉による紀州攻めで焼かれています。 根来寺は本願寺戦争で雑賀党と闘い、信長と友好関係を保っていましたが、信長の死後、徳川方についたため、秀吉によって焼かれてしまいます。 大師堂や大塔など一部を除いて、多くが消失していました。その損失は凄まじく、ショックで自殺する僧侶がいたといわれています。 こうした寺院は江戸時代に入り、紀州徳川家によって再興されました。
今年の和歌山は徳川吉宗の将軍就任300年でにぎわっており、地元の人の徳川愛が伝わってきます。 紀州徳川家が地元で愛され続けるのも、こうした寺院を保護、再興したからでしょう。



織田信長の墓

結城秀康の墓(家康次男)

肥前島原 松平氏の墓

豊前中津 奥平氏の墓

根来寺

根来塗りの仏具

和歌の浦

合氣道会合宿
[2016/09/11]

9月6日9月6日より新潟県で合氣道会の合宿がありました。
越後山脈を背にした山の中での5日間、合氣道漬けの生活です。
ただ、2年生は新入生の手本となるように行動しないといけないので、途中で抜けられません。学年が上がるごとに成果を求められるので、精神的なプレッシャーは日に日にまします。 メンタルも鍛えないとなりませんね。 合宿で一番辛いのは受け身。前転、後転のような動きで、道場を1周、2周、3周……します。当然、酔います。気持ち悪くなって、吐きます。 去年は1周したくらいで気分が悪くなって抜けました(ゲェエエ)。
慣れるものらしいですが、いまだに気持ち悪い。 合宿の山場となっている数練(400本位技を掛け続けます)や自由技(相手がこちらの技に耐えてきます)は体力的な辛さ、相手に技にかからない悔しさが辛さとなりますが、 こうした稽古には耐えられても、やはり受け身は苦しい……。 精神とか身体以前に吐き気を催すのですもの。二日酔いが可愛く見えてきます。 ただ、今年は抜けずに済んだのがちょっと嬉しかった。(達成感を感じる余裕は無いですが……)

楽しい稽古の話をしましょう。千本素振りの話。 合氣道には徒手以外にも木刀や杖(木の棒)、短刀といった武器を用いた技があり、その練習として、合宿で1000本素振りを行っています。 これが楽しいのなんの。野球でいう「一球入魂」のように、一本一本頭を使いながら振るので苦にはなりません。 1000本振ると振り方も自ずと良くなるので、終わった後はすがすがしい気分になります。
振った時に風邪を切る音がなるのってかっこいい。 木刀を究めようかな。


神宮球場 ―広島・ヤクルト戦―
[2016/09/04]

東京育ちなら、普通は巨人かヤクルトファンになるのですが、私は両親が広島出身なので、現在、一家そろってカープファンです。小学校の頃は野球少年で、10歳の時に行ったヤクルト戦では当時現役だった緒方現監督がホームランを見たのを覚えています。哀しいかな、当時はカープの辛い時期で、優勝など夢のまた夢。球場でカープファンの小学生を見ると「今の小学生は幸せだな」と思ったりします。
2日の試合は、4回表に2点を先制され、「ああ、今日はだめかな」と思っていたのですが、5回2アウトから、菊池、丸とヒットに続き、4番新井。打ちそうな感じがすると思っていたら、一打逆転のホームラン。アレは凄かった! 座席はヤクルト側の内野席でしたが、僕を含め多くのカープファンが沸き立ちました。ホームランの余韻も醒めぬうちに、続く鈴木もホームラン、今年のカープは「神ってます」。7回には石原のタイムリーで追加点を加え、ヤクルトを引き離しました。8回には久しぶりに梵が代打で出場し、ファンを喜ばせました。
2日の試合があまりに面白かったので、翌日も見に行きました。惜しいシーンが何度かあったものの、この日は残念ながら負けてしまいました。この日はヤクルト側の外野席で観戦したのですが、まさに四面楚歌。経験としては面白いのですが、敵側の外野で試合なんかみるもんじゃありません。ヤクルト側の席を取ったカープファンは早めに球場に行って広島側の自由席を取るかカープ側で立ち見をするそうです。次回から、そうしよう。
ところで、今日も勝ち、巨人が負けたので、マジックが4に減りました。今週中に優勝が決まりそうです。今週は合氣道の合宿だから試合が見られない……優勝すれば25年ぶりの優勝となります。二十歳の僕にとっては、生まれて初めての経験。でも、まさか、また25年間優勝なしになるなんてことはないですよね(笑)

丸のヒット

今日もカープは、か〜ち、か〜ち、か〜ち、かち♪
万歳〜!万歳〜!万歳〜!


上へ戻る   ホーム