大学生活    大学の授業やサークル活動のブログ

最後の大学生活
[2021/03/28]

今回で、私の大学生でのブログは最後となります。先週の出来事を、順を追って書きます。

火曜日(23日)、午後3時から新しくなった日吉記念館で慶應義塾大学の2021年度生の卒業式がありました。卒業式の2時間前、岡原ゼミの卒業生たちが、記念館の前に集合し、岡原先生やゼミ生たちと一緒に集合写真を撮りました。本来なら教授陣は卒業式に出席するのですが、今年はコロナ禍の影響で出席できません。それで、記念館前での撮影となったというわけです。男性はスーツ、女性は袴姿、女性陣が美しかったですね。 私は2留したので、普通の学生よりも2年間長く岡原ゼミに在籍しましたが、本当に楽しいゼミでした。他の学生たちも皆、岡原ゼミに入って良かったと感じているはずです。 その後、記念館での卒業式に出席しました。コロナ禍で慰労会をかねた飲み会ができなかったのは残念です。

水曜日(24日)、都倉先生やゼミ生と一緒に白金台にある北里柴三郎記念室を訪問しました。北里柴三郎は「日本の細菌学の父」と呼ばれる医学者です。福澤先生との関係が深く、初代慶應義塾大学医学部の学長で、2024年から新千円札の顔となります。記念室を訪ねた理由は、来年度のゼミ生たちのテーマが「慶應義塾大学と細菌学研究」になるから。コロナ禍なのでタイムリーですね。毎年、都倉ゼミのテーマが変わりますが、私たちの代のテーマは「1968年の学生運動」。思い出深いのは、1968年に学生運動をしていたOBの方たちにインタビューを行ったことです。ジャーナリストの池上彰さんに私が手紙を書き、インタビューを実現できたのも楽しい思い出です。都倉先生とは2年間のつき合いでしたが、こちらも楽しいゼミでした。

この日の夕方、大学時代に通った居酒屋の女将と父と3人でカラオケに行きました。このことは「美術・音楽」欄に記しています。 木曜日と金曜日は買い物をして、それを段ボール3箱に荷物を詰め、3月末に入る研修所に宅急便で発送しました。その日の夕方、会社から入社式で動画を披露する通知が来ました。この動画、けっこう笑えるので新入社員の反応が楽しみです。

土曜日(27日)、荷物をまとめ、新幹線で広島の母の実家へ出発。翌日(28日)、82歳になる祖母と一緒にマツダスタジアムに広島カープ対中日ドラゴンズの試合を見に行きました。初めてのマツダスタジアムです。テーマパークのようなスタジアムで、他の球場とは雰囲気がまったく違います。雨で開始時間が1時間繰り下げられたので、カープうどんを食べて時間をつぶしました。試合の結果は0対0。引き分けでしたが、緊張感のある手に汗握る面白い試合でした。 これが私の大学生、最後の週です。 6年間を振り返ると留学、留年、「西荻ワークショップ・アートマップ」や就職活動など、充実した大学生活が送れたと感じています。それはブログを読めば、理解してもらえるはずです。本当に楽しかった!
今回で終了しますが、5年にわたって、ブログを読んでくださった方たちに感謝いたします。
ありがとうございました。


VERSANT受験、動画完成、メディア・コミュニケーション研究所の退所式、高校時代の友人との会食
[2021/03/21]

先週は「VERSANT」を受験、動画制作をして、メディア・コミュニケーション研究所の退所式に出席、日曜日に高校時代の友人と一緒に食事をしました。
15日(月)に受けた英語の試験「VERSANT」の結果は、58点。3月に入って2週間しか英語の勉強をしてない割には点数が取れたと思いますが、2年ぶりの英語なので発音と流暢さが問題で点数が伸びませんでした。残念。
試験の翌日、入社式で上映する1分半の動画を完成させ、会社にメールで送りました。

19日(金)、慶應義塾大学三田校舎でメディア・コミュニケーション研究所の修了式が行われました。久しぶりの大学式典にスーツで出席しました。 出席者はメディコムの教授陣と卒業生40数名。地方に帰っている学生が参加していなかったので、出席した学生が少ない感じがしました。この式で終了証明書と卒業後の進学名簿をもらいました。メディア研究所だけあって多くの学生が大手マスコミに就職しています。ブログのトップページに「将来、メディア関係の仕事に就きたいと考えています」と書き、メディア業界を志望していた私が、製造業の企業に就職するとは自分でも意外に感じます。人生、どうなるかわかりませんね。研究所での2年間、充実した時間が過ごせたと感じています。
日曜日、高校時代の友人と4年ぶりに浅草で会いました。彼は有名な企業で働いていますが勤務時間が長く、徹夜をすることもあるとぼやいていました。一応、私はワークライフバランスを考慮して企業を選んだので良かったと思っています。やはり、ワークライフバランスは大切。就活生の皆様も、この点には注意して企業選びをしてください。


入社式の動画制作
[2021/03/14]

先週半ば、4月に入社する企業から、「入社式で行われるイベントに1分半の動画を製作し、発表してくれないか」という電話がありました。この企業の英語のテストを今週、受験しなければならないのですが、動画制作には慣れているので申し出をお受けしました。動画にはフランス留学の時、撮った写真を挿入してほしいという要望があり、 久しぶりにフランス留学の写真を見ると当時のことを思い出します。就職活動をしていた時は留学のことなど全く忘れていたので、留学が遠い昔の出来事のように感じます。
動画を完成した翌日、その企業からPCR検査のキットが送られてきました。500人近い社員が入社式に参加するのですから、コロナ禍対応は厳重な注意が必要ですよね。入社の準備をしていると、自分が社会人になる日が間近であることを感じます。同日、大学から4年生の成績表が送られてきました。 判定蘭に「卒業・終了」の文字がありました。4年前、この欄に「原級」の文字があってショックでしたが、今回は楽しい気分になりました。
楽しかった大学生活も、あと2週間で終わります。


花粉症と妹のエントリー開始
[2021/03/07]

2月末から鼻水がとまりません。熱もなく、風邪をひいた時とは違うので、おかしいなと思っていたら、どんどん悪化しました。先週半ば、医者に行くと、花粉症と寒暖差アレルギーが合併した症状だと診断されました。昨年まで一切、まったくアレルギーと無縁だったのに、まさか自分が花粉症になるとは……。鼻が詰まるので、物事に集中できません。映画を見ていても、英語の勉強をしていても手につかない。これが一生、続くと思うとうんざりします。早く、スギ花粉の季節が終わって欲しいですね。
3月1日から2022年卒生の就職活動、エントリーシートの受付が始まりました。妹がせっせとエントリーシートを書いていますが、就活は動画制作や試験を受けなければならないので大変。就活を手伝いながら、昨年の地獄の日々を思い出しています。2度とあのような体験はしたくない!
就活生はみんな、辛い思いをしていると思いますが、辛いのは一人だけではありません。ここを乗り切ると充実した人生が待っているはずです。精一杯、頑張ってください。


上へ戻る   ホーム