読書・映像鑑賞 2021年2月

「シンドラーのリスト」「ニューシネマ・パラダイス」「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」
[2021/02/28]

先週は、「シンドラーのリスト」(S・スピルバーグ、1993年、195分)「ニューシネマ・パラダイス ディレクターズ・カット版」(J・トルナトーレ、2002年、173分)、「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」(山田洋次、1983年)の3本の映画を見ました。ここのところ名画を立て続けに見ているのですが、「名作は時間が長く、悲劇が多い」ということに気づきました。考えてみれば、長時間の喜劇映画など見たことはありません。悲劇と喜劇は古代ギリシャ以来の演劇の基本、しかし、悲劇を表現するには長い時間を要するということに改めて気づきました。
先週、見た映画の中で、鑑賞して一番つらかったのは、「シンドラーのリスト」鑑賞です。ホロコーストに関する重い題材、絶望感のある暗い画面が195分も延々と続きます。良い作品なのですが、さすがに2度と見ようとは思ません。鑑賞後、疲れてしまってへとへとになり、当分、映画を見る気分になりませんでした。
数日後、気分を取り直して見た映画が、「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」。これは寅さんシリーズの中でも3本の指に入る名作です。見た後、幸せな気分に浸ることができ名画鑑賞への気持ちが復活しました。続いて見た「ニューシネマ・パラダイス ディレクターズ・カット版」も秀作。この映画は173分と長いのですが、心温まる映画なので、「シンドラーのリスト」鑑賞ほど疲れませんでした。名作を見るのも大変ですね。のんびりしたければ、悲劇的な名画鑑賞は避けるべきだと思います。

写真:https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20180906-00095366/
http://gottani-lifehack.com/2020/09/06/i-thoroughly-dissect-a-kiss-scene-performed-patching-of-at-the-last-of-nuovo-cinema-paradiso/
https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/movie/32/


名画鑑賞
[2021/02/21]

時間があるので、先週は古い長編映画を見て今います。先週、見た作品は黒澤明の「七人の侍」(1954年)「蜘蛛の巣城」(1957年)、フェリーニの「サテリコン」(1969年)、ビスコンティの「ルードヴィヒ」(1972年)。どれも有名な名画です。最近の映画を見る感覚と、昔の名画を見る感覚はまったく違います。やっぱり映画全盛期時代に作られた作品は素晴らしい。見ていて映画の世界に魅了されます。 このような作品について、大学のシネマ研究会に入っている妹と映画の話をしました。それで出た結論は、「やっぱり名画は映画館で見なければならない」というものです。しかし、かつてのように名画のリバイバルが映画館で上映されるわけではありません。名画は映画館の空間と一体化してこそ、貴重な体験をもたらしてくれるのでしょう。そうだ、来週はまだ見ていない「ニュー・シネマ・パラダイス」を見よう!ブログを書きながら思い出しました。

写真:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BE%8D
http://dante2019.livedoor.blog/archives/15877993.html
https://mclean-chance.hatenadiary.jp/entry/2016/09/01/172101
https://rental.geo-online.co.jp/detail-35765.html


「隠し砦の三悪人」
[2021/02/14]

2つの試験を終え、黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」(1958年)を見ました。映画をのんびり見るのは、久しぶりです。先日、「アラビアのロレンス」を見たのですが、あの時期は試験のことが気にかかり、映画を楽しむような気分ではありませんでした。試験が終わって解放され、今は心から映画を楽しむ気分に浸れています。
「隠し砦の三悪人」は言わずと知れた黒澤の名作、理屈なしで楽しめる娯楽映画です。主演の三船敏郎の演技が豪快で、上原美佐が美しい。 また、映画に登場する百姓コンビの太平と又七が、ジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ」 のC-3POとR2-D2のモデルであることは有名な話です。
映画を見た感想は、「全盛期時代の映画は面白い」ということ。最近の映画とは、どこかが違います。映像機器も単純でヴァーチャル技術もない時代ですが、映画への熱量が良い作品を生むと改めて感じました。入社式まで1か月、これから、名作を楽しもうと思っています。

写真:https://realsound.jp/movie/2020/10/post-640855.html


「麒麟が来る」最終回
[2021/02/07]

1年にわたって放送されたNHK大河ドラマ「麒麟が来る」が終了しました。毎週、楽しみに見ていたので終了が残念です。
「麒麟が来る」は主演・沢尻エリカの降板やコロナ禍での撮影中止など、さまざまな問題を抱えた大河ドラマでした。しかし、終わって見るとスタッフの努力によって大河ドラマの中でも名作に挙げることのできる作品になったと思います。
脚本、演出、撮影が見事でした。特に良かったのが、松永久秀、三淵藤栄、摂津門晴などが登場、今まで描かれなかった足利幕府の晩期を描いていること。脚色があるにせよ、通好みの物語だったと思います。終わり方もさわやかで、ドラマとしても感動します。最後の市場のシーンは最高!

来年は、近代日本を作った渋沢栄一を主人公にした「青天を衝け」。この作品も楽しみです。

写真:https://realsound.jp/movie/2020/10/post-640855.html


上へ戻る   ホーム