読書・映像鑑賞 2018年6月

映画「ブルジジョワジーの秘かな愉しみ」
[2018/06/24]

ルイス・ブニュエルといえば、ダリと共にシュールリアリズムの古典的名作「アンダルシアの犬」(1929年)を作った監督です。 その彼が72歳の時に作ったのが、「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」(1972)。 この映画で、ブニュエルはアカデミー外国語映画賞を受賞しています。 物語は6人の男女が食卓に着いても様々な邪魔が入り、なかなか食事にありつけない、司祭が臨終間際の老人を射殺する、 夫婦や愛人がコトに及ぼうとすると邪魔が入ってできないなどの状況を、ブラックユーモアを交えて描いた皮肉な作品。 映画の中のブルジョワジーは表面的には常識人を装っていますが、麻薬に手を出すし不倫はするわでとても普通の人には見えません。 映像も奇妙な構造で夢を見ているような構成になっており、フェルナンド・レイ、ディフィーヌ・セイリグなどの俳優陣の名演が作品に奇妙な印象を与えています。 監督や出演者が円熟すると、このような名作が生まれるのですね。頭が硬化した時、鑑賞すると解されるような不思議な映画です。

写真:https://medias.unifrance.org/medias/51/176/45107/format_page/media.png
https://iwiz-movies.c.yimg.jp/c/movies/pict/c/p/b0/15/20605_002.jpg


モーパッサン劇場「Chez Maupassant(2007)」
[2018/06/17]

「モーパッサン劇場」は2010年、シネフィル・イマジカが放映したフランスのテレビドラマです。 モーパッサンの小説「いなか娘の話」、「首飾り」、「遺産」など、世紀末のさまざまな問題をクロード・シャブリルなどの映画監督がエスプリを効かせて映像化しました。
反自然主義が盛んだった世紀末、自然主義を目指したモーパッサンはフランスでは評価が低く、彼の研究が始まったのは1970年代。 モーパッサン作品の映像化が始まったのもフランス人が彼の作品の重要性を認識したからでしょう。 フランス文学では象徴派の小説、詩人に目を奪われがちですが、自然文学の面白さを味わえることを「モーパッサン劇場」が教えてくれます。 映像を見ていると、2月にパリのモンパルナス墓地でモーパッサンの墓を訪ねたことを思い出しました。 彼は若い時、先天性梅毒と眼病を患い麻薬常習者になった後、発狂して自殺未遂を起こし、最後は精神病院に入れられたという経歴を持ち主ですが、現在は墓の下で安らかに眠っています。

写真:http://blog-imgs-47.fc2.com/s/i/m/simplydead/chabrol_la-parure_couple.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/19/Maupassant_2.jpg/200px-Maupassant_2.jpg
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51HD5XKG93L._SX334_BO1,204,203,200_.jpg


映画「イージー・ライダー」
[2018/06/10]

中央線にある西荻や国分寺はヒッピーの町として有名です。西荻にある自然食野菜を販売する長本兄弟商店、ほびっと村が昔からヒッピーの拠点として存在してます。 地元の人に聞くと50年前は、母親に「ヒッピーのビルに行ってはいけない」と言われたそうです。今は健康志向でよく買い物に行くそうですが。 「アイ・アム・ヒッピー(山田隗也著)の中にも「ヤクザになっても良いが、ヒッピーだけにはなるな」というくだりがあります。 1960年代後半、世界的にみてもヒッピーは社会悪の存在として認識されいたようです。 デニス・ホッパー監督の「イージー・ライダー」(1969年)を見ると、当時の社会がヒッピーをどのようにとらえていたか把握できます。 特に「美しきアメリカ」を信奉する保守的な白人層にとっては、体制社会に反抗するヒッピーは邪魔な存在だったようです。 現在、トランプ大統領を支持するのはヒッピー文化を敵視する層ですが、アメリカ人がトランプ大統領を選んだのを見ると、自由の国アメリカも変質しているのでしょうか。 悲劇的な結末と映画の中の「自由を恐れる人間は殺人を犯す」という言葉は印象的でした。 ちなみに1960年代後半に活躍した団塊の世代も現在、70歳前後。 元ヒッピーの知人から当時の話をいつも聞いている私は「イージーライダー」を実感を伴って見ることができました。 当時の社会状況を知らない若い世代にとって、「イージー・ライダー」は、ヒッピーの実体を知るに欠かせない映画ですね。

写真:https://i.ytimg.com/vi/UioHzRqqD4E/hqdefault.jpg
https://imgc.allpostersimages.com/img/print/posters/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%EF%BC%881969%E5%B9%B4%EF%BC%89_a-G-7615608-0.jpg


エディット・ピアフ「愛の賛歌(La Mome)」
[2018/06/03]

再来週、仏検3級を受けるので、久しぶりにフランス語の発音に慣れるためにフランス映画を見ました。 ここ数か月、フランス映画を見ていなかったので新鮮な感じがします。観た映画はエディット・ピアフ(1915年~1963年)の生涯を描いた伝記映画「La Mome(2007)」。 監督はオリヴィエ・ダアン、主演のマリオン・コンテールはこの作品でアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。コンテールが演じるピアフが蘇ったような熱演で迫力があります。 私はパリに滞在中、ペールラシューズにあるピアフの墓参りをしたのですが、映画を見ているとパリに留学していた頃のことを思い出しました。 数か月前のことですが夢だったような感じがします。いつかフランスに再訪するためにはフランス語の勉強は必須です。

Nous aurons pour nous l'éternité
Dans le bleu de toute l'immensité
Dans le ciel plus de problèmes
Mon amour crois-tu qu'on s'aime
Dieu reunit ceux qui s'aiment

写真:http://rakuraku834.up.n.seesaa.net/rakuraku834/image/EDITH20PIAF.JPG?d=a29
http://fcmfcm.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_d54/fcmfcm/m_Edit.jpg
http://blog-imgs-18.fc2.com/k/a/z/kazanantiques/0813q.jpg

上へ戻る   ホーム