読書・ビデオ鑑賞 2017年5月

エマ、高慢と偏見、ハムレット、十二夜、炎のランナー
[2017/05/28]

ジェーン・オースティンの「エマ」、「高慢と偏見」、シェークスピアンの「ハムレット」、「十二夜」、「ヘンリー5世」、ウインザー関連の「ザ・チューダー ヘンリー8世 背徳の王冠」、「炎のランナー」、を観ました。バースにはジェーン・オースティン・センターやロイヤルクレッセント博物館があり、そこに展示されているジョージ王朝の家具などを見ると、オースティンの時代がより一層、理解できました。ナポレオン帝政期、オースティンの兄と弟はトラファルガーの海戦に参加したようで、海軍の提督になった2人は小説のモチーフにもなっています。

コッツウォルズにあるストラットフォード・アポン・エイボンはシェークスピアが晩年を過ごした美しくて可愛らしい町。この町はシェークスピアの死後、早い時期から演劇の聖地となったようで、17世紀から多くの観光客が訪れたそうです。イギリスの書店には演劇や俳優の自伝など演劇関連のコーナーがありますが、ストラットフォード・アポン・エイボンに来ると、イギリス人がいかに演劇好きかを理解できます。昨年、「君の名は。」がヒットした後、聖地巡りが流行しましたが、私にとってはバース、ストラット・アポン・エイヴォン、ハンプトンコートが聖地でした。


シェークスピアの生家                            シェークスピア センター

ロイヤル クレッセント博物館                       ジェーン・オースティン・センター



ジョージ王朝時代の展示物

写真:http://blog-imgs-71.fc2.com/e/p/l/eplace/20150204200718df6.jpg
http://img.wan.or.jp/reading/wp-content/uploads/2012/02/b85e72c0dd53b1b1b010897356b8f675.jpg
http://feiyuir.up.n.seesaa.net/feiyuir/../../image/A5D6A5E9A5CAA1BCA1A1A5CFA5E0A5ECA5C3A5C8.bmp?d=a1
http://www52.tok2.com/home/spaceman/movie/012SI/twelfth/P.jpg
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51th7%2B9u2vL.jpg


オペラ座の怪人
[2017/05/21]

ロンドンのエンターテイメントと言えばミュージカル。中でも人気があるのが「オペラ座の怪人」、「マンマ・ミーア」、「レ・ミゼラブル」です。チケットはロンドンに来た1週目に買ったのですが、とにかく高い。一番、良い席だと15000円もします。3作品とも良い席で見るとお金がなくなるので、私は学生らしい値段のチケットを買いました。
「オペラ座の怪人」は1925年頃から何度も映画、舞台化されていますが、その中でも最も有名なのが1986年、アンドリュー・ロイド・ウェイバーがミュージカルにした作品。ロイドには「キャッツ」や「スターライトエクスプレス」など、他にもヒット作品があり、ロイド版「オペラ座の怪人」は今年で31年目のロングラン、大ヒット作品となっています。それを2004年、ジュエル・シュマーカー監督が映画化しました。
私は、20日(土)にハー・マジェスティーズ・シアターに「オペラ座の怪人」を観に行ったのですが、実際の舞台は迫力があり、感動しました。ストーリー、演出、音楽ともイギリスらしいミステリアスな雰囲気で、ミュージカルとして完成されています。「Music of the Night」、「All I Ask of You」、「Wishing You Were Somehow Here Again」などの曲は抒情的で美しく、ロングランを続ける理由が理解できます。やっぱり、ミュージカルは映画や翻訳された舞台ではなく、英語の舞台を見るのが好いですね。ちなみに、「マンマ・ミーア」は2008年に、舞台版「マンマ・ミーア!」の演出家フィリダ・ロイドによって、「レ・ミゼラブル」は2012年にトム・フーバーによって映画化されました。個人的には、アバの音楽を基調にしたミュージカル「マンマ・ミーア」が好きなので、留学の最後の週に行くのを楽しみにしています。


ハー・マジェスティーズ・シアター                                                                    アンドリュー・ロイド・ウェイバー

写真:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ac/2008-11-15_%D0%AD%D0%BD%D0%B4%D1%80%D1%8E_%D0%9B%D0%BB%D0%BE%D0%B9%D0%B4_%D0%A3%D1%8D%D0%B1%D0%B1%D0%B5%D1%80.jpeg
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51T33KRSANL.jpg
https://d18gmz9e98r8v5.cloudfront.net/ptr/20160216113539_1989090913_2791_9.jpg


映画「嵐が丘」(2009年)、「ジェーン・エア」(1996年)
[2017/05/14]

これまでエミリー・ブロンテの「嵐が丘」は9回、映画化されています。その中でも人気が高いのが2009年にイギリスITVで製作されたテレビシリーズを映画化したトム・ハーディ主演の「嵐が丘」。
この作品は激情的なヨークシャー人のヒースクリフと強さと弱さを併せ持つキャシーの内面がうまく描かれており、風土や風俗などが忠実に再現され、たくさんの賞を受賞しました。ブロンテ・カントリーで低い灌木のヒースの間を散策し、トップ・ウィゼンズからハワースを眺めると、映画と実際の風景が重なり合って「嵐が丘」の世界を堪能することができます。
シャーロット・ブロンテの「ジェーン・エア」も6回、映画化されています。その中で今回、私が見たのは1996年にフランコ・ゼフィレリ監督、ウィリアム・ハート、シャルロット・ゲインズブール主演の「ジェーン・エア」。「ジェーン・エア」は19世紀、女性の権利が確立されていない時代、率直すぎるジェインが保守的な人々と対立しながらも自分らしく生きる物語で、実際に家庭教師をしていたシャーロット・ブロンテの話がもとになっています。ハワースのような田舎から世界的な女流作家が生まれたのは不思議ですが、ハワースの風景を見ていると納得できます。とにかく、ブロンテカントリーは素晴らしい!
ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーには、ブロンテ姉妹の兄弟ブロンウェルの描いた「ブロンテ3姉妹の肖像」があります。イギリスに行かれる際は、ハワース、ブロンテ・カントリー、ナショナル・ポートレート・ギャラリーに足を運んでみてください。


ヒースの丘                                 ブロンテカントリー トップ・ウィゼンズ



ブロンテ3姉妹の肖像

エミリーブロンテの肖像

写真:http://blog-imgs-88-origin.fc2.com/a/l/i/alicemobie/blog_import_566b99ce71879.jpeg
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81twBV7c5rL._SY445_.jpg


映画「カンタベリー物語」
[2017/05/07]

「カンタベリー物語」は1944年にイギリス、1972年にフランス・イタリアで2度、映画化されています。今回、私が見たのはイタリアの映画監督ピエロ・パゾリーニの「カンタベリー物語」。この映画は「貿易商人の話」、「托鉢僧の話」など、8つのパートで構成され、チョーサーをパゾリーニ自身が演じています。ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。チョーサーの「カンタベリー物語」はボッカチオの「デカメロン」を読んで小説の構想を練ったと言われ、崇高な話から俗的な話まで、様々なジャンルの物語は導入され、当時の階級社会の一面を見ることができます。
先週の土曜日、私はカンタベリーに行ったのですが、大聖堂内のトマス・ベケットが暗殺された場所、町中にあるアトラクション、カンタベリー・テールで「カンタベリー物語」の世界に触れることができました。日本でいうと熊野詣、お伊勢参りのようなもの。時代を問わず、巡礼はどこの国でも行われています。中世や近世において、巡礼が庶民の楽しみだったのでしょう。今回の留学は、私にとって英国巡礼の旅です。


ホワイトホールリバー                           聖アウグスティヌス教会跡

カンタベリー大聖堂

天国の門

カンタベリーの街

写真:httpsiwiz-movies.c.yimg.jpcmoviespictpp0deb133445_01.jpg.jpg


上へ戻る   ホーム