読書・ビデオ鑑賞 2017年1月

ドラマ「BONEKICKERS」
[2017/01/29]

英BBC制作のドラマ「BONEKICKERS」を見ました。 考古学者が歴史に隠された謎を発掘によって解き明かしていく物語で、テンプル騎士団、アメリカ独立戦争、ブーディカ、ジャンヌ・ダルク、バビロニアなど歴史の重大事件が各回のテーマになっています。 漫画のような劇的なストーリーですが、英国人の気質が良くわかるドラマです。シャーロックホームズに代表されるように、イギリス人はミステリー好き、しかも歴史が絡む歴史ミステリーが特に大好きです。 そういえばこの前見た「大聖堂」も歴史ミステリーでした。
大英博物館には植民地から持ち込んだ遺物が展示されていますが、「BONEKICKERS」を見ているとあれだけ膨大な量の遺物を持ち帰るイギリス人の気質が理解できます。
さらに面白かったのは、各回のストーリーが聖剣エクスカリバーによってつながっているところ。
数ある伝説、歴史ミステリー中で、イギリス人が一番好きなのは、はやはりアーサー王の聖剣伝説なのでしょう。

写真:http://whysoblu.com/bonekickers-blu-ray-review/


「もう親を捨てるしかない」「続・下流老人」
[2017/01/22]

もう親を捨てるしかない:介護・葬式・遺産はいらない
島田裕巳 著

社会学特殊Ⅵのレポートで、「高齢社会と介護問題」について論文を書きました。 参考文献として島田裕巳『もう親を捨てるしかない』と、藤田考典『続・下流老人』を取り上げました。 『もう親を捨てるしかない』で島田は、介護殺人や介護心中の原因が、介護疲れや親の遺産や年金への依存であることを指摘、親を捨てることで、親から自立する必要性があることを説いています。 『続・下流老人』で藤田は、親族や地域、社会制度に頼ることができず、生活するために働かざるをえない「下流老人」の実態をデータを使って指摘、こうした下流老人問題を解決するためにはコミュニティの形成が必要だと述べています。
高齢化社会問題、介護問題について調べると、子供や親戚、地域、社会制度などに頼ることができず、孤立した老人が深刻な問題を引き起こす実態が明らかになっています。 また、準備不足、「子供には頼りたくない」、「生活保護は恥ずかしい」と、他者に頼ることを自ら拒んで問題が起こるケースも少なくありません。今後、問題を解決していくには、世代ごとに日本人が高齢化問題に対する意識を変えなければなりません。 特に現役世代は、高齢社会が到来するのは明白なので、改めて人生設計をする必要があるでしょう。

続・下流老人:一億総疲弊社会の到来
藤田考典 著


映画「海賊と呼ばれた男」
[2017/01/15]

新宿バルト9で映画「海賊と呼ばれた男」を見ました。 出光興産の創業者、出光佐三をモデルの主人公、國岡鐵蔵が利権やアメリカ資本と闘いながら、一代で石油会社を興していく物語です。 原作の百田尚樹の小説は2013年に本屋大賞を受賞した人気作で、高校生の時に私も読みました。  映画では「店主(國岡鐵蔵)のためなら」と、泥と油まみれになりながら過酷な仕事をこなしたり、紛争によって包囲されたイランに石油を取引に行ったり、命がけで仕事をする社員の様子が描かれています。調べてわかったのですが、こうした話は実話をもとにしています。実際に出光のタンカー日章丸は、1953年に英国との紛争で包囲下にあったイランのアバダン港から、英海軍の包囲網や機雷原をかいくぐり石油を輸入しています。当時の社員は復員した世代、二度と英米には負けたくない、荒廃した日本を再興しなければならないという気概があったのでしょう。「海賊と呼ばれた男」では、そうした、男たちの姿を美しく描いていました。
今日、ブラック企業、過労死が問題になっています。しかし、現在問題となっている過労と、映画で描かれている仕事は、根本的に違うように思えます。 実際、過労が問題視されるようになったのは1990年代で、映画で描かれている1950年代には社会問題になっていません。理由としてはまず、現在に比べて仕事がやり易かったことが挙げられるでしょう。映画に描かれる1910年代~50年代は物がなかったので、どうやって商品を仕入れるかだけを考えればよかった。映画でも、利権団体や米財閥の妨害をかいくぐりって、石油を買い、仕事を手に入れるために國岡たちは葛藤します。あればいくらでも売れた戦前戦後とは異なり、現代は過剰生産によって物が余っている時代、クレームも来ます。現代人は「どうやって売るか」付加価値間をつえなければならない。需要がないものを売るのは大変です。
近代という時代は、カリスマ性を持った個人の時代でした。映画の主人公國岡鐵蔵に象徴されるような、一代で会社を興すエネルギーと才覚と熱意、運、人望を持ったリーダーがいました。仕事を割り振るのは社長個人です。そのため、会社や社員の能力を超過した仕事は求めなかった。また、実業家個人の魅力にひかれて仕事をやっている点も重要です。義務感ではなく、仕事や会社、あるいは社長が好きで働いていた。だから過労死、しなかったのでしょう。それに、SNSも存在しないので監視もなかった。
現代社会では、個人に代わって社会性や組織が労働の原動力になっています。 好きではない、習慣や慣習、旧来のやり方、伝統など、古めかしい理由で過酷な労働に従事しています
電通の「鬼十則」などは、その典型です。人間と違い、組織には際限がないので、無限に仕事が増えていく。どんどん過酷になって死んでしまう。 一般に本社よりも、下請け会社の仕事が過酷なのもこうした事情が背景にあるのではないでしょうか。
過労や残業など現代社会の労働問題は、モノからコトへ、個人から社会性へという時代変化にも関わらず、近代社会の常識、習慣といった社会通念として残っているために起こると考えられます。「海賊と呼ばれた男」で描かれる國岡鐵蔵たちの生きざまが格好良く見えるのは、彼らが社会とは別の個人として立っているからのほかなりません。最近は若者の企業も減っているようですが、これも時代なのでしょうか。現代を生きる我々は、時代の変化を受け入れ、新しい価値観、制度を構築しなければならないと思います。

写真:http://kaizoku-movie.jp/
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81--H4S0S4L.jpg


「この世界の片隅に」
[2017/01/08]

先週、「この世界の片隅に」を広島の映画館で見ました。昭和初期から終戦にかけての広島と呉を舞台にしたアニメーション映画です。 私の祖母は実際に呉の空襲を受け、我が家は原爆の被害にあっているので複雑な気持ちで映画館に入りました。 戦争を扱う映画は悲劇的、感動的に描かれますが、この映画は全体的にやさしい、ほのぼのしたテイストの作品で、戦時下の呉に生きる家族の日常が描かれています。 戦争があっても毎日の生活は変わらない。でもやっぱり、そこに戦争が影を落とすのです。日常生活の温かさが伝わってくるだけに悲しく、自然と涙がこぼれました。 「君の名は。」の影に隠れて目立たない映画ですが、近年まれにみる名作。 社会学者の宮台真司教授も絶賛しているので、是非、観に行ってください。家族の良さが伝わってくる、そんな映画です。

写真:http://image.eiga.k-img.com/images/movie/82278/photo/88e7568512978c41/640.jpg


近森・工藤 「無印都市の社会学」
[2017/01/01]

無印都市の社会学
近森 高明, 工藤 保則 著

課題で社会学専攻の近森先生の著書「無印都市の社会学」を読みました。 フランフランやドンキホーテ、モール、家電量販店などを題材に、どこにでもある日常空間を論じています。 LGBTや障害者、芸術家、オタクなどの特殊な話は出てきません。 社会学はLGBTや障害者、芸術家、移民、オタクなどマイノリティを研究するタイプと、大衆文化や消費社会、流行などオーソリティを研究するタイプに分けられますが、近森先生の「無印都市」はオーソリティの社会学です。 マジョリティ、マイノリティの概念は面白く、都市空間、都市文化にもマイノリティのディープでコアな空間、文化とマジョリティ的な大衆空間、大衆文化があることが分かります。 最近は古墳巡りや美術展鑑賞がブームになっていますが、ブーム以前からのファン層とブームに乗って関心をしめすライトなファン層とは根本的な違いがあります。 同じ美術館に行くのでも、目的の覧会の質が違うのかもしれません。 そうしたことを踏まえ、ディープなマイノリティとライトなマジョリティという概念をもとに、都市空間・文化について思索を巡らせています。


上へ戻る   ホーム