グルメ 2021年1月

手作りハンバーガー
[2021/01/31]

簿記の勉強の気分転換に散歩と料理をしています。 土曜日の昼、ハンバーガーが食べたくなったのでマクドナルドに行くと店内はテイクアウトをする客の長蛇の列。ハンバーガーを買うのに40分近く待たされました。ニュースでは飲食業の危機を報じていますが、マクドナルドの業績は好調なようです。
翌日、なぜマクドナルドが人気なのか考察するために、自分でハンバーガーを作ってみました。母親と一緒に材料を買いに行き、下準備をした後、調理に掛かります。ハンバーガーを作りながらフライドポテトを揚げ、野菜スープを作るのですが、同時に調理をするのは難しい。調理が終わるまで、約2時間かかりました。それにで調理器具の後片付けを含めると…。 マクドナルドが人気の理由は、時間の短縮にあるようです。テイクアウトの便利さと料理をする人の苦労が分かったような気がしました。


岐路に立つ居酒屋
[2021/01/24]

20日(水)、NHKの「クローズアップ現代 岐路に立つ居酒屋 雇用と日本型ビジネスの行方」を見ました。
番組は、コロナ禍で苦境に立つ居酒屋の状況を、ワタミの社長渡邊美樹氏など飲食業に関わる現場の人たちのインタビューを交えて構成されています。この番組を見て、①1都3県が行っている1店舗6万円の休業要請の補償には不備がある。②日本の食文化、コミュニケーションを支えている居酒屋がこのままでは壊滅する。③飲食業が衰退するとアルバイトで学費や生活費の稼いでいる大学生が困る。④コロン禍で飲食業も含め、より効率化が求められるようになったと感じました。視聴後、掛け声だけではなく、日本人は本当に社会全体の構造改革を行わないといけない岐路に立たされていると思い知らされました。
1年間、同級生と一度もコンパ、飲み会をしていません。このような状況になると飲み会が学生間の意思疎通に大いに役立っていたことを感じます。楽しかったな~。コロナ禍が終息したら、再び、居酒屋で楽しい時間を過ごしたい!

写真:http://bungakubusei.com/../image2/gourmet_218.jpg


試行錯誤のケーキ作り
[2021/01/17]

最近、暇なので時々料理をしています。お正月休みはケーキ作りに凝っていて、今年に入って3度、ケーキを焼きました。 最初に作ったのはチョコレートの入ったブラウニーですが、オーブンの使い方が慣れていなかったので焦がしてしまいました。備え付けの古いガスオーブンで温度計が付いないので火力調節が難しい。
次に挑戦したのはチーズケーキ。2度目だったので、オーブンの使い方がうまくなり、上手に焼けました。これが大好評。 見た目は悪いのですが、「プロのケーキと同じくらい美味しい」と絶賛されました。3度目は再びブラウニーを作りました。これは焼き上がりも合格。美味しくできました。ちなみに、ケーキ作りの参考にしているのが「チーズケーキとチョコレートケーキ」(地球丸刊)。 この本に載っているレシピに従ってケーキ作りをするとうまくいくので、興味のある人は試してみてください。

写真:https://honto.jp/netstore/pd-book_28091330.html


緊急事態宣言の再発令
[2021/01/10]

1月8日(~2月7日)に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に「緊急事態宣言」が再発令されました。国は、酒の提供は午後7時まで、店舗の営業は午後8時までとするように要請しています。自粛要請に応じた店舗には1日6万円の給付をするそうです。この政策について、いくつか疑問を感じます。①1店舗当たり1日6万円の一律給付では、営業規模によって不公平感が強く出る。②8時以降、閉店を要請してもドアを閉めて営業を行う店がある。特にガールズバーのような店では裏営業を行う可能性が高い ③普段よりも休日の昼間に飲食を伴った会食、家飲みをする人が増える、などです。個人的な意見としては、要請しても指導に従わない店がたくさんあると思います。実際に近くで営業を続ける居酒屋を見ると、深夜に「20代」がたむろし、土日は昼間から人でいっぱいでした。いくら規制しろと言われても、「20代」はそれに従うつもりはない! しかし、感染が拡大すればするほど経済的に余裕がなくなるのは「20代」。昨年、飲みにもいかず就活をしていた私としては企業の採用数減は身に詰まる話でした。その傾向は今年、さらに強まりそうです。それでも平気、それが「20代」の若者たる所以ですね。

写真:https://mainichi.jp/articles/20210104/k00/00m/040/249000c


お正月料理
[2021/01/01]

年末、お正月に母が作った年越しそば、お雑煮、祖母が作ったおせち料理を食べました。祖母はおせちと一緒に赤飯やいなりずしを作ってくれたのですが、これがとても美味しい。お正月の間、お酒を飲みながら止めどなく料理を食べているので体重が増えます。御馳走を食べるのも、ほどほどにしておかないと後が苦しいですね。考えてみると、家族全員が揃ってお正月を迎えたのは今回が初めてです。毎年、年越しは各所で個別に新年を迎えていました。全員が揃ったお正月が初めてだとは、今まで気づかなかったな。毎年、お正月に両親の友人たちが、家に遊びに来ます。 今年のお土産は、浜松市の「治一郎」のバームクーヘンと高崎市の「GATEAU FESTA HARADA」のラスクの詰め合わせセット、「金澤兼六製菓」のせんべいセット。どれも美味しい。
中でも「治一郎」の24層のバームクーヘンは、ふんわりとした触感があり、お勧めです。興味のある方はお取り寄せができるので、是非、食べてみてください。 テレビと料理三昧のお正月。来年はコロナ禍も収まって、初詣に行けると良いですね。

写真:http://www.nakamoritei.com/kks/shouhin/senbei.html


上へ戻る   ホーム