グルメ 2020年12月

正常に戻った血圧
[2020/12/27]

先週、高血圧気味であることを書きましたが、インスタントラーメンを食べるのを止め、塩分を控えた野菜中心の食事、干しシイタケを水に浸した汁を飲み、散歩をしたところ血圧が正常に戻りました。若いとはいえ、食事に注意しなければ血圧が高くなるので恐ろしいですね。それを改善するため、週3日が野菜中心、2日が肉中心、1日が祖母の田舎料理といった料理スケジュール表を作りました。これまでは我が家では、「今日は何が食べたい?」と聞かれると、その日に食べたい料理をリクエストしていましたが、スケジュール表を見ながらリクエストをすると、食事をバランスよくコントルールすることができます。 もっともコロナ禍などなければ適度な運動をして高血圧などならなかったはずですが……。不健康になって初めて気づく健康の大切さは、コロナ禍によって気づく日常生活の大切さに似ています。来年からは家を出て、一人暮らしを始めなければならないので、食事には気を付けようと思います。


山食のクラウドファンディング
[2020/12/20]

先々週、祖母を連れて、山食にカレーを食べに行き、ブログにアップしました。その時、山食にほとんど人がいなかったことを書きましたが、それが経営難につながっているなど思ってもみませんでした。経営難を知ったのは、12月14日、山食がクラウドファンディングサービス「キャンプファイヤー」で「創業83年、慶應義塾大学の学生食堂『山食』を救ってください」というプロジェクトを始めたからです。幸い、1週間で目標の500万円を大きく超える2,000万円以上が集まっています。やっぱり、塾生は山食が好きなのですね。
クラウドファンディングのプロジェクトページには、新型コロナウイルスの影響で大学の授業がオンラインになり、売上は昨年比8割減になったと書いてあります。考えてみると、経営難になるのは当たり前。気づかない方が変です。このクラウドファンディング、あと40日近くあります。寄付すると、様々な特典がつくので、塾生の皆さん、応援しましょう!

写真:https://camp-fire.jp/projects/view/359922


鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ「あじと」吉祥寺本店
[2020/12/13]

父と父の友人と3人で、忘年会をかねて、鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ「あじと」吉祥寺本店に行きました。コロナ禍がなければ、大学も忘年会シーズンですが、今年は少人数、近親者との忘年会しかできない雰囲気があります。週末に行ったのですが、この店はしゃぶしゃぶが美味しいと評判なので、店内は満席。コロナ禍で経営が厳しいというような感じはありません。やはり、飲食店は、味によって経営が左右されるのでしょう。美味しければ、顧客が支えてくれるはず。この日、きびなごの唐揚げ、さつま揚げなど九州の名産品と、しゃぶしゃぶの「あじとコース」(3000円) を注文しました。もちろん豚肉は鹿児島産の黒豚。これがとても美味しい! 焼酎を飲みながら郷土料理を食べるのですが、相性は抜群。 食べ終わったときには、ほろ酔い加減で良い気分です。冬の鍋は身体が温まるので、吉祥寺に行かれた時は、是非、この店に行ってください。
「あじと」の後、もう一軒、他の飲みや屋に行きました。しかし、3軒目に行こう時と思った時は、午後10時過ぎ。お目当ての店はやっていません。はしごができず、ちょっと物足りなさが残りましたが、忘年会ができただけでもラッキー。今年はもう1回くらい、少人数でも良いから忘年会がしたいですね!


天然のぶり、鍋の季節
[2020/12/06]

今週の話題は2つ。1つ目は、最近、ニュースが魚や野菜などの高級食材が余っていると報道されてことです。先日、祖母とスーパーに買い物に行った時、天然のぶりが以前では考えられない値段で売られていました。普通であれば、町のスーパーなどには並ばない代物です。それを購入し、料理して食べたのですが、やっぱり美味しい。
コロナ禍では養殖業者や野菜農家が高級食材を割烹や料亭に下ろせず大変だとか。良質な食材は無駄にせず、工夫して流通させてほしいですね。
2つ目は、鍋の季節になったこと。週末はすき焼き、キムチ鍋と2日続けて、鍋料理でした。鍋料理の良さは部屋の湿度が保てること、身体が温まること、野菜など多様な食材を食べることができることにあります。新型コロナウイルスの感染状況を見ると、温度と湿度が感染に関係している気がします。コロナ禍で食べ過ぎ、運動不足になりがちですが、健康維持のためには保温が大切だと感じます。これからも毎週、週末は鍋料理ですね。


上へ戻る   ホーム