グルメ 2020年8月

真鯛ラーメン 麺魚 錦糸町本店
[2020/08/30]

木場にある東京都現代美術館で「オラファー・エリアソン」展を見た後、「真鯛ラーメン 麺魚 本店」に行きました。外でラーメン屋に行くのは1月以来、7カ月ぶりです。ラーメン好きの私が7カ月間もラーメン屋に行っていないなんて考えられない。コロナウイルスの影響は凄いですね。この店は前から行きたかったので、店に入った瞬間、ジーンときました。これまでの就活、長かったな。 真鯛ラーメンの特徴は、魚油をベースにしたスープ。スープを一口、飲むと凝縮された鯛のうま味が口いっぱいに広がります。これは、これまで食べたことのない感覚!暑い夏、外を歩いて汗をかいた後には、磯の香りのするスープがしみます。このスープに細麺とチャーシューが組み合わされ、好みでワサビ、柚子胡椒、生姜がトッピングできます。この日は暑かったので、冷たい真鯛ラーメンを注文しようかと考えましたが、正当に温かいラーメンを注文しました。それが正解だった。最近は冷たいものばかり食べているので、温かいラーメンを美味しく感じます。最後までスープを飲み干し、満足でした。御馳走様!

「真鯛ラーメン 麺魚 錦糸町本店」の案内はここをクリック
東京都墨田区江東橋2-8-8 パークサイドマンション 1F tel. 03-6659-9619


お好み鉄板料理「三條」の閉店
[2020/08/23]

父の知り合いで、吉祥寺南口で42年、お好み焼き屋さんを続けている「三條」に行きました。外食するのは去年の12月、ゼミの忘年会以来、8カ月ぶりです。その間、コロナの影響で家にこもり、ひたすら就職活動を行っていました。久しぶりに外で飲む生ビール、冷たくておいしかったですね!
この店に行った理由は、9月に店を閉店するので、父について行ったというわけです。話を聞くと、店主の佐藤さんは「もう少しやりたかったけれど、コロナのせいで客が来なくなった」と話していました。身近な飲食店にも新型コロナウイルス感染拡大の影響が出ています。この店が開店したのは1978年。「俺たちの旅」などのドラマで、若者の街として吉祥寺が出た頃。佐藤さんに聞くと、当時の吉祥寺は現在の吉祥地とは違って、「チェーン店がない、個人経営者の多い、落ち着いた町だった」ということです。「うちの売りは昭和感。もう、うちのように昭和に匂いのする店は無くなっちゃった」と言っていました。最後にお好み焼きを食べたのですが、懐かしい味がしました。このような店がなくなるのは寂しいですね。

写真:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/134175/640x640_rect_134175106.jpg
https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/123064/640x640_rect_123064212.jpg


むさしの山賊むすび
[2020/08/16]

むすびのむさしは広島にあるおむすび屋さんです。創業は、なんと1958年。広島と言えば、広島風お好み焼きですが、地元のひとにとって、むさしのおむすびやうどんはソウルフード。今回、広島に帰省した時、家族のリクエストで、「山賊むすび」(500円)をお土産に買って帰りました。「山賊むすび」は普通のおにぎりの3個分の大きさで、具は鮭と昆布。1つ食べるだけで満腹になります。お米のブレンド具合が 抜群で、もっちりとした触感は絶品、東京では味わうことのできない味です。これをうどんと一緒に食べると最高! むさしは広島市内の至る所にあるのですが、お土産は広島駅構内にある店舗で購入します。機会があれば、1度食べてみてください。美味しいですよ。ちなみに、むさしにはおむすびの他、唐揚げの入った「若鶏むすび」など他のお弁当メニューも充実しています。


上へ戻る   ホーム