グルメ 2018年9月

アフタヌーンティー東急吉祥寺店
[2018/09/30]

週末、母親と吉祥に買い物に行った合間に「アフタヌーンティー東急吉祥寺店」に行きました。 アフタヌーンティーは1981年渋谷パルコパートⅡに1号店がオープンさせて以来、イギリスのティー文化を幅広く日本人に紹介し続けるティールームです。 開店当初はまだ日本でなじみのなかったスコーンを販売したことで話題となりました。母親は学生時代から「アフタヌーンティー」のファンで、時間があれば「アフタヌーンティー東急吉祥寺店」でお茶をしています。 母に言わせると、「この店は広い空間で心地よい」とのことでした。 この日はスモークベーコンとごろごろ野菜のトマトクリームソースパスタを食べ、アイスティーを飲んだのだのですが、ゆっくりと寛げました。 女性客が多いのが、この店の特徴ですが、主婦層に人気があるのはゆったりと寛げる感じがあるからでしょう。 この辺にアフタヌーンティーの秘密があるようです。
ちなみに去年の春、私は2か月ほどロンドンに留学していました。 その時、ビクトリア&アルバート博物館内にある「グリーン・ルーム」でお茶を飲んだのですが、アフタヌーンティーで紅茶を飲んでいるとそのことを思い出しました。 またいつかイギリスでお茶したいな。懐かしい思い出です。


サンマ定食
[2018/09/23]

秋と言えばサンマです。小津安二郎の監督には「秋刀魚の味」(1962年)という代表作があります。 サンマは価格も安く美味しいのでいつでも庶民の味方です。 ここ数年、テレビニュースなどで「さんまの不漁」が伝えられていたので、今年はどうかと心配していましたが、どうやら今年のサンマ漁は大漁の様子。 一安心しました。話は変わりますが、去年の今頃、私はフランスのアヴィニョンに滞在し、毎日、フランス料理ばかりを食べていました。 今年の夏や初秋はナスやサンマなどの和食がやたらに食べたくなります。なぜだろうと考えていたら、去年、季節感のある和食を食べていなかったことに気づきました。 若いので毎日、フランス料理でも問題はなかったのですが、身体のどこかに和食を食べ慣れたDNАがあり、今年、それが蘇ったようです。やっぱり和食は良いですね。 写真はわが家のサンマ定食。このところ週一でこれを食べています。


ペリカンの食パン
[2018/09/16]

先週の木曜日、母が田原町にあるパン屋「ペリカン」の食パンを買ってきてくれました。 ペリカンは1942年に創業した、食パン・ロールパン一筋で営業している老舗のパン屋さんです。 私にとってペリカンの食パンは日本一美味しい食パン。母は3斤買ってきてくれたのですが、翌日の朝には全部食べ切ってしまいました。 それくらい美味しい。しかし、予約しなければ食パンを入手できないので、いつも食べられるわけではありません。 食パンはそのままでもサンドイッチにしても美味しいのですが、普段はチキンカツと食パンを一緒に食べるのですが、 この日は気分を変えてチリコンカーンを作ってもらって食べました。 バターをたっぷり塗った食パンは絶品。 幸せ!オーガニックなパンが流行する今日、老舗のパン屋さんが作る食パンは昔の味のまま一味も二味も違います。
ちなみに2017年8月、ペリカン直営の「ペリカンカフェ」が浅草にオープンしました。こちらも連日、満員だとか。 浅草に行った時はペリカンの食パン味わってみてください。本当に美味しいですよ。


荻窪中華そば「春木屋」
[2018/09/09]

先週、NHKの歴史ヒストリアで「ラーメンと日本人」を見ました。 番組は日本におけるラーメンの歴史や人との関わり、日本人のラーメンに対する愛情や執着を感じさせてくれる面白いものでした。 その番組の中に荻窪の「春木屋」が出てきたので、急にラーメンが食べたくなって、実際に春木屋に行きました。 昔から荻窪は中央線の中でも美味しいラーメン店のある町として有名、春木屋の他にも丸福などの人気店があります。 春木屋のラーメンは昔風のさっぱりしたラーメンです。しかし、父の話によると、「昔の春木屋のラーメンは現在よりも脂っぽさがなく、もっとさっぱりしていた。 ラーメンに脂分を入れるようになったのは1990年代。 その頃からラーメンの味に変化が起きた」ということです。 ラーメンといえば脂があって当たり前の私にとって昔のラーメンが味だったかは想像できません。 時代と共に名店の味も変わっていくのですね。
春木屋に行った後、家に帰って伊丹十三監督の「タンポポ」(1985年)を見ました。この映画は、傾いたラーメン屋を登場人物たちが力を合わせて再建するという物語。 日本人の食やラーメンにこだわりが描かれている面白い映画でした。 今月末から大学の授業が再開します。 三田に行ったらまず最初に「ラーメン二郎」に行こう!

荻窪中華そば「春木屋」の案内はここをクリック
東京都杉並区上荻1-4-6
tel.03-3391-4868

写真:http://18752.blog.fc2.com/blog-entry-90.html


ふたたび「驢馬とオレンジ」
[2018/09/02]

「西荻ワークショップ・アートマップ」のホームページにアップするユーチューブの映像を撮るために西荻南口のカフェ、「驢馬とオレンジ」に行きました。 以前にも「驢馬とオレンジ」を紹介しましたが、今回は半分、仕事なので寛ぐというよりも仕事の感じがします。 頼んだものはブルスケッタ、胡椒とチーズケーキを合わせたブラック・チーズケーキ、ホットコーヒー、アイスコーヒー、ラムレーズンのアイスクリーム。 営業時間に撮影したのですが他のお客さんもいて気を使ったので飲食物を美味しそうに撮るのは難しかったですね。 撮影後、やっと料理を食べることができましたが、どれもとても美味しかった。 この日、撮影した映像は後日、編集して「西荻ワークショップ・アートマップ」ホームページにアップする予定です。 カフェをどのようにかっこよく見せるか、これから考えなければなりません。うまくいくと良いけれど……。これも体験ですね。

西荻 「驢馬とオレンジ」の案内はここをクリック
東京都杉並区西荻南2-21-3 佐久間ビル 1F

上へ戻る   ホーム