グルメ 2018年6月

赤い鼻
[2018/06/24]

先週、パフォーマンスアートの霜田先生と西荻で飲む機会がありました。 いつもであれば、戎で飲むのですが、この日は満席だったので近くにある「赤い鼻」に行きました。 「赤い鼻」という店名は沖縄出身の店主の鼻が赤かったことからつけられた店名です。 残念ながら赤い鼻の店主は3年前に亡くなり、西荻の人達に愛される店は現在、中国出身のうーちゃんが切り盛りしています。 この日は店の外にあるテーブルで酎を飲みながら沖縄料理を食べました。 先生はこの日、長野へ帰る予定でしたが、勘定を支払った時、店前を2人の知り合いが通りかかり、それから皆で3次会へ。 私は3次会で帰りましたが、先生は西荻の古い知り合いと徹夜で飲み明かしたそうです。「赤い鼻」は西荻の飲み仲間が絶対にいるような常連のお店。 ちなみに先月、ゼミ生が西荻企画で活動した時、秋山さんたちとここの2階で飲みました。 沖縄料理が食べたくなるとつい足が向いてしまいます。まだ大学生なので常連客になるに早いですね。

西荻 「赤い鼻」の案内はここをクリック
東京都杉並区西荻南3-11-5  tel. 090-1457-8166

写真:https://tabelog.com/imgview/original?id=r2420086131799


ポモドーロ
[2018/06/24]

ポモドーロは西荻にある家庭的なイタリアンのお店です。現在、流行している本格的なイタリアンとは違う懐かしい感じのイタリアン。 西荻にはこの欄ですでに紹介したエル・ボンビーノやこけし屋など、昔懐かしい和風フレンチの店があります。 このような店が町の中に点在している点が西荻のグルメ度を上げています。 料理をする旦那さんと給仕の奥さんが時々、喧嘩しているのも町の洋食屋さんらしい(笑)。カジュアルで、肩の凝らないイタリアン。 ポモドーロには980円のパスタランチ、1280円の肉か魚のランチがあります。値段がお手頃で美味しい。 普段はランチを食べるのですが、家族と行く時はアラカルトを注文します。 この日はディナーでポテトサラダ(これが絶品)、たことミョウガのマリネ、生ハムとサラミ、からすみのスパゲティ、ゴンゴンゾーラのカツレツを食べました。 ランチと違って、やっぱりディナーは美味しい。食事は両親と行くのに限ります。

西荻 「ポモドーロ」の案内はここをクリック
東京都杉並区西荻北4-1-13 102  tel. 03-3395-7328

写真:https://tabelog.com/imgview/original?id=r4649510039230
https://tabelog.com/imgview/original?id=r4446057794939


こけし屋のケーキ
[2018/06/17]

こけし屋は西荻南口にあるフレンチ・レストラン、ケーキ屋さん。 1947年、大石宗一郎氏が始めた喫茶店で西荻の洋食レストランの草分け的存在で、開店してまもない頃、 柔道家で文化人だった石黒敬七が世話人となって、井伏鱒二、丹羽文雄、東郷青磁などと「カルバァドス会」という結成、以降、こけし屋は文化人サロンとなりました。 こけし屋にはフレンチレストランと喫茶店、ケーキ売り場が併設されており、料理もケーキは昔、懐かしい昭和の味がします。 私はどちらかというと和菓子派なので、本格的なフレンチ・ケーキよりも、こけし屋のケーキが好みですが、 西荻にはこけし屋のような和風ケーキとアテスウェイのような本格的なフレンチ・ケーキを食べることができるのがうれしいですね。 ちなみにテラスレストランでは1000円で洋食ランチを食べることができます。

西荻 「こけし屋」の案内はここをクリック
東京都杉並区西荻南3-14-6  tel. 03-3334-5111

写真:https://icotto.k-img.com/system/press_images/000/047/184/574700f69d32a38fe1a24f209b156b37a43cf9af.jpeg?1500553029


バルダザール
[2018/06/10]

「西荻のヒッピー文化の拠点は南口にある長本兄弟商店です。長本さんは「みんな八百屋にな~れ」という本を出版している有機野菜野菜の八百屋さん。 本の中に現在、慶應大学でパフォーマンスアートを教えている霜田先生が登場します。先生は1975年から2年間、長本兄弟商店でリヤカーに野菜を乗せて売り歩いていたそうです。 先日、霜田先生が西荻に来た時、ゼミ生3人を長本兄弟商店に連れて行ってくれました。そこで八百屋を経営している奥さまや息子さんを紹介してもらいました。不思議な縁ですね。
長本兄弟商店のビルの2階には東京で最初に有機野菜を使ったレストラン「バルダザール」があります。 現在、全国的に有機野菜がブームですが、最初にその販売を始めたのが長本兄弟商店。 開店のコンセプト作りにエコロジストの故山尾三省さんが関係していてたことが「みんな八百屋にな~れ」に書いてあります。 バルダザールのランチメニューは「豆腐のピカタ」、「生ハムとラタトゥユの冷製スパゲティ」、「スパイシーたこライス」などがあり、ディナーではさつま揚げやヒジキなど田舎料理を食べることができます。 どれも素朴な味がして美味しい。 ファーストフードや冷凍食品とは全く違った味わいがあります。胃腸を休めたい時に「バルダザール」の料理を食べると癒されるでしょう。 ありがとうございます。

西荻 「バルダザール」の案内はここをクリック
東京都杉並区西荻南3-15-3 ほびっと村2F  tel. 03-3331-0522

写真:https://ximg.retty.me/resize/s500x400/-/retty/img_repo/l/01/92523.jpg
http://organic-eco-life.com/wp-content/uploads/2016/04/2016-04-10-11.57.55.jpg
https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/63697/640x640_rect_63697369.jpg


サテン(Saten japanese Tea)
[2018/06/03]

「サテン」は西荻南口にある日本茶を提供する日本茶スタンドです。 日本茶のスペシャリスト小山さんとコーヒーのバリスタ藤岡さんの2人が始めた店で、日本茶専門店とコーヒースタンドの2つの側面を持ち、ビールなどの酒類、あんバタートーストなど軽食などを飲食できます。 これまで抹茶と言えば、茶道、茶室でいただくイメージだったのですが、日本茶スタンド、コーヒーカップで飲む日本茶は斬新です。 内装はおしゃれでアーティスティックな店内なので、「最先端の感性」を感じることができます。これから、このような店が増えていくかも。 この日、私は「狭山茶」、ゼミ生たちは「抹茶ラテ」を注文していました。抹茶ラテの表面にあるハート型の模様がおしゃれです。 西荻を廻っていると、「サテン」のような最先端の店が出会えるので面白いですね。 ちなみに、「サテン」さん、「西荻ワークショップ」企画に参加してくださいました。 ありがとうございます。

西荻 「サテン(Saten japanese Tea)」の案内は
ここをクリック
東京都杉並区松庵3-25-9 tel. 03-6754-8866

写真:https://cafesnap.me/c/9925


上へ戻る   ホーム