グルメ 2018年3月

お花見
[2018/03/25]

日曜日に居酒屋の常連の人たち(20歳代から60歳代)と、近所の公園で花見をしました。 公園の桜は七部咲きでしたが、天気も良く暖かい日だったので、公園は人でいっぱい。 毎年、花見の時期になると春が来たことを感じ、うきうきした気分になります。 この感覚は日本人の特徴の一つですね。 向井去来に「朝桜 よし野深しや 夕ざくら」という句があります。 これを読むと日本人の繊細な季節的表現に出合うことができます。 短い句の中に、深い世界が読み込まれている、凄いですね。 日本人は朝から夜まで、一日中、桜の景色を楽しんでいます。 それにつられて最近は、お花見に参加する外国人も多くなった。
ところで花見に飲食は付き物。常連の女性客がそれぞれ腕を振るった料理を持ち寄ります。 それがとても美味しい。ちらしずし、サンドイッチ、からあげ、料理の中身に脈絡はありませんが、酒に合わせて肴をつまむ。 長い時間、座していると段々、酔っぱらってきます。 そうなると、もう花見どころではない。花見をしているのか、飲食をしているのかわからなくなります。 夕方、お花見は混乱の中で終了しましたが、みんなで来た時よりも周辺を美しく掃除して解散しました。酔っていても最後は決める。 さすが酔っぱらっていても大人。美味しくて楽しいお花見でした。


学士会館 レストラン「ラタン」
[2018/03/18]

レストラン「ラタン」は千代田区神田錦町の学士会館内にある昭和3年創業のフレンチ・レストランです。 学士会館は19世紀末、東京大学総理であった加藤弘之の謝恩会を開催する場所として設立され、旧帝大出身者の東京での交流の場として発展しました。 現在の建物が作られたのは1928年(昭和3年)。 学士会館の敷地内には「東京大学発祥の地」、「日本野球発祥の地」、「新島襄生誕の地」など歴史を感じさせてくれる碑もあります。

レストランは昭和初期の建築された当時のまま保存されており上品でクラシックな感じがします。 注文したのはランチメニューの「スモークサーモンのタルタルサラダ、若鳥のデミグラソース」。 フレンチというよりは洋食といった感じがします。「ラタン」、名前が良いですね。値段もリーズナブルなので楽しく昼食をすることができます。 近代的な雰囲気で食事をしたい時、お勧めのレストランです。

学士会館 レストラン「ラタン」の案内はここをクリック
東京都千代田区神田錦町3-28  tel. 03-3292-5936(代表)

写真:https://imgfp.hotp.jp/IMGH/54/13/P022255413/P022255413_480.jpg
https://imgfp.hotp.jp/IMGH/24/92/P022272492/P022272492_480.jpg
https://www.hotpepper.jp/strJ000642308/lunch/
https://www.gakushikaikan.co.jp/cms/wp-content/themes/gakushi/assets/img/info/photo-info5.jpg


精養軒レストランラウンジ(旧名:銀杏の木)
[2018/03/11]

母と妹と一緒に川崎市民ミュージアムに行く前、武蔵小杉の「精養軒レストランラウンジ(旧名:銀杏の木)」でランチを食べました。 精養軒といえば上野精養軒が有名ですが、こちらは同名ですが別系列のホテル。館内のレストランでは1000円で人気のランチを食べることができます。 私は名物のカレー、妹は今週のランチ肉コース、母はビーフシチュー(1200円)を食べました。同じカレーでもホテルで食べると贅沢な気分にひたれますね。 フランスだとカフェのランチは2000円。 日本ではサービス料込みの値段で1000円出せばホテルランチを食べることができる。今年はグルメ欄で、お得感のあるレストランを紹介したいと思います。


精養軒レストランラウンジ
の案内は
ここをクリック
神奈川県川崎市
中原区小杉町3-10
tel. 044-711-8855

カープ飯、祖母の料理
[2018/03/04]

ランチメニューのタコス

最近は地方のテレビ局同士が提携しているので、東京でも地方の番組を見ることができます。 現在、テレビ埼玉で広島RCC放送が製作した番組「元就。」が放映されています。 この番組は広島県内の町にスポットを当てた地元密着型の番組。先週放映された「元就。」の特集は「カープ飯」。 カープの選手の行きつけのレストランを紹介する番組で、それを見た私は早速、アメリカン&メキシコ料理「グラフィティ」に行きました。 この店の常連にジャクソン、エルドレッド、ジョンソンなどがいます。 この店のオーナーはアメリカで料理を修行した後、日本人の口に合うように工夫しているので美味しい。 アメリカから来た選手がひいきにする理由がわかります。ちなみに東京にはジャイアンツ飯やスワローズ飯を紹介する番組はありません。 選手の行きつけの店を紹介できるところに広島カープの人気の秘密は隠されているようです。 広島に行ったら野球観戦の帰りにでも立ち寄ってください。


エルドレッド選手の「カリフォルニアポテト」

メキシカンカツレツ



メキシコ料理「グラフィティ」 の案内は
ここをクリック
広島市中区袋町6-4 4F
tel. 082-243-3669

写真:https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34003464/dtlphotolst/1/smp2/
http://hokatavifb.chu.jp/graff/lunch/

広島で毎日、祖母の手料理を食べました。祖母の料理は東京の家の料理と全く違います。 当たり前のことですが、長い間日本を離れていると、作る人によって料理の素材も味も変わることに今更ながら気がつきます。 手間をかける祖母の料理はアヴィニョンのアタールさん、東京の料理はパリのモーパスさんの家の料理に似ています。 これが地方と都会の料理の差かもしれません。祖母も母も料理が上手なので私はラッキーです。


祖母の手料理

上へ戻る   ホーム