グルメ 2018年2月

我が家の料理、パリは食費が高い
[2018/02/25]

羽田空港に到着した後、家に帰って最初に食べたのはおにぎり、みそ汁、漬物でした。久しぶりに食べると、とても美味しい。 塩と醤油が身体にしみ込んでいく感じが溜まらない。おにぎりやみそ汁の味を再発見しました。
帰国して1週間、私はフランスから日本に留学した学生のような気分で、家の食事がホームステイ先の食事のように感じます。 きっと、日本に来たフランス人留学生はこのような感覚を味わっているのでしょう。 アヴィニョンに留学した時、ホームステイ先であるアタールさんの家の食事を1週間アップしましたが、今回はわが家の食事を留学生感覚でアップします。 和食に軽食、タイ料理、はたして、我が家のグルメ度は……。


焼牡蠣

カキフライ

手巻き寿司

すきやき

尾道ラーメン

ガパオライス

パッキーマオ

ホッケの干物、肉じゃが

フランスで外食して気づいたのは、庶民的な飲食業は、フランスよりも日本の方が発達しているということです。 特にパリは物価が高いので、外食するとお金がかかります。日本では1000円出せば、それなりの定食を食べることができますが、パリはそうはいかない。 これはフランスの物価が20年前よりも3割上がっていることに原因があると思います。日本は20年間で3%の物価上昇なので大きく違う。 ちなみにパリのビックマックは550円、東京は380円です(2018年)。それから、向こうのレストランはサービス込み(人件費)の値段なので高い。 「おれのフレンチ」のように立ち食いシステムを使ってサービス料を安くするようなシステムはありません。 日本人が立ち食いでも平気なのは、江戸時代から続く「屋台」の伝統があるからかもしれません。 日本人はサービスよりも値段優先なのかな。いつか、このようなシステムがパリにも導入されるのでしょうか?


パリの軽食

パリの定食

「おれのフレンチ」鴨

「おれのフレンチ」店内

写真:https://tblg.k-img.com/resize/660x370c/restaurant/images/Rvw/24898/24898224.jpg?token=e31f715&api=v2
http://heritager.com/wp-content/uploads/2013/06/orenofrench-8.jpg


豆腐鍋、ダゴベルト、ラ・クローヌ、レクレール・ド・ジェニー
[2018/02/18]

ホームステイ先の家族から「1度、和食を食べたい」とのリクエストに応えて、豆腐鍋を作りました。 13区のチャイナタウンにある「Tang Freres」で生鮮食料品を買い、オペラ近くの「京子」でポン酢を購入。 土鍋やガスコンロが無いので、代わりにレンジを使って湯豆腐を作りました。 みんなに箸を配り、「さあ、食べよう」となったのですが、さすがにフランス人には鍋を箸で食べるのは難しいので、 フォークとスプーンで鍋料理を食べました。 シメはうどん、デザートはフロールさんの作っレくれたタピオカ。 食後、「次に生まれてくる時はシェフだね」と冗談を言われたので、豆腐鍋は好評だったようです。 ところで、食材を買いに行った時、「京子」の近くにある「なりたけ」に入って豚骨ラーメンを食べました。 フランスに来て初めて食べたラーメンですが豚骨スープが身に沁みます。日本人だな~。


チャイナタウンにある「Tang Freres」

日本食材店「京子」

揃えた食材

こってりらーめん 「なりたけ」

トゥールの「DAGOBERT」、ルーアンの「La Couronne」に行きました。「DAGOBERT」はトゥールで人気トップ10に入るレストラン。 この店は、ホテルで予算、食べたいもの、年齢(あるいは身分)を言って、レセプションの人が予約してくれたのですが、これが大正解。 旅先ではホテルで良いレストラン情報を聞くのが良いですね。 「La Couronne」は、ジャンヌ・ダルクが火刑にされた旧市場広場にある1345年創業のフランス最古のレストラン。 ジャンヌ・ダルクが火刑されたが1431年なので、宿泊客は窓の外から広場の様子を見ていたはずです。すごい話ですね。 女将さんがとても親切で、料理も美味しい、さすが「ミシュラン2018」に掲載されている店。 店内の壁にはセルゲイ・ゲインズブール、ブリジット・バルドー、藤田嗣治など来客した有名人の写真とサインが貼ってあります。 学生の身分ですが、楽しいレストラン体験ができた2日間でした。


トゥールの「DAGOBERT」

「La Couronne」店内の壁

ルーアンの「La Couronne」

東京でも人気のあるクリストフ・アダンの「レクレール・ド・ジェニー」本店に行き、エクレア(バーレット)を買いました。 貴族のデザートみたいなエクレア。見た目がすごいので食べるのが勿体ない気がします。 サクサクのクッキーに濃厚なクリームが乗っていて、アダンがエクレアから発想した新しいスイーツです。優雅な気分に浸りながらコーヒーと一緒に食べました。


「レクレール・ド・ジェニー」本店

「レクレール・ド・ジェニー」外箱

エクレア(バーレット)

「レクレール・ド・ジェニー」のエクレア

写真:http://cdn.narinari.com/site_img/photo2/2014-10-11-102316.jpg


ル・マンジュ、ドゥー・テアトル、レ・フィロゾフ、ラ・キャピテヌリー
[2018/02/11]

「Le Manege」カモ肉の白ワインソース煮

フランス人は、クロワッサンとカフェ・オ・レで朝食を済ますので、大食漢の私はいつも午前中、空腹感を味わっています。 その不満が積もった時、私はレストランでボリュームのある食事をします。 今週はサンジェルマン・アン・レーの「Le Manege」でカモ肉を白ワインのソース煮、マレ地区の「レ・フィロゾフ」でブランチ、タルタルステーキ、 家の近くにあるビストロ「ドゥー・テアトル」で、レバー・サラダ、ステーキを食べました。 これだけ食べると満腹で幸せな気分になります。
「ドゥー・テアトル」は地元の店で黒人のギャルソン(ウエイター)が冗談ばかり言って愛想がよい。 楽しい気分で食事ができるレストランは最高です。ちなみに、これらの店は、良いレストランを選別するAssociation Francaise des Maitre RestauratruesのRマークのある店。 Rマークのあるレストランは料理の質、サービス、価格もバランスが良いので、ミシュランの星のある店以外で食事をする時は、Rマークのある店で食事をすることをお勧めします。


「Le Manege」店内

「ドゥー・テアトル」ステーキ

「ドゥー・テアトル」店内

「ドゥー・テアトル」外観

「レ・フィロゾフ」ブランチ

「レ・フィロゾフ」タルタルステーキ

ファラフェル

シャンティイ城内にある料理人ヴァテールの厨房を改造したレストラン「ラ・キャピテヌリー」で、鴨のコンフィとクレーム・シャンティイを食べました。 クレーム・シャンティイは現在の生クリーム。それを発明したのがヴァテールです。 「ラ・キャピテヌリー」のクレーム・シャンティイは、果物のシロップがかかり、イチゴが添えてあります。 今でこそ生クリームは普通の食べ物ですが、元祖クレーム・シャンティイは一味違う。鴨のコンフェイも柔らかくて美味しかった。 映画「宮廷料理人ヴァテール」を観た後だったので、王侯貴族になったような気分で料理を味わえました。


「ラ・キャピテヌリー」

ヴァテールの厨房

鴨のコンフィ

クレーム・シャンティイ

宮廷料理人ヴァテール

ロワ・ド・ポトフ、ル・セレクト、パリのパン屋
[2018/02/04]

「ロワ・ド・ポトフ」

マドレーヌの近くにある人気のあるポトフ専門店「Roi de Pot au feu」に行きました。「ポトフの王」という名前ですが、店は庶民的。 見た目は普通のポトフですが、食べると野菜にうまみがしみ込んでいて、美味しい。これぞ、本物のポトフという感じがします。ブイヨン(コンソメ・スープ)も美味。
30日、モンパルナスにあるジャン・コクトーの通っていたカフェ「ル・セレクト」で昼食をとりました。 サンジェルマン・デ・プレの「ル・フルール」は観光化していますが、「ル・セレクト」は、地元の人が通う落ち着いた雰囲気の店。料理も美味しく、サービスも洗練され、値段も手ごろなので気分良く食事ができます。
レストランに行かない時、昼食はサンドイッチで済ませています。パリのサンドイッチは種類が豊富。 写真は、2010年、2015年にパリで1番美味しいバケットの店に選ばれたモンマルトルのある「Abbesses」のクロワッサン。ほっぺが落ちそうなくらい美味しかった。


「ロワ・ド・ポトフ」 ブイヨン

ポトフ

「ル・セレクト」

「Abbesses」

「Abbesses」のクロワッサン

パリのサンドイッチ

上へ戻る   ホーム