グルメ 2017年5月

パンジャブ、サリー・ランズ、ターフ・タバーン、ギャリック・イン、レバノン料理
[2017/05/28]

”Jerk Beef Short Rib”
   「Turf Tavern」店内、オックスフォード学生達

火曜日の夜、無性にカレーが食べたくなったので、コベントガーデン近くの「Punjab」に行きました。「Punjab」は1946年開業の、銀座にあるナイルレストランのような老舗のインド料理店。『イギリスではカレーが美味しい』と先生が言っていましたが、名物のバターチキン・カレーはスパイスが効いていて本当に美味でした。バースでは「Sally Lunn's」で、パンの上にワインなどで調理したチキンとハムがのっている”Chicken & Ham hock Trencher”という17世紀の料理を食べました。パイとフレンチトーストを足したような感じの料理です。
その夜はオックスフォードの「Turf Tavern」へ行きました。先週に続いて2度目。週末なのでオックスフォードの学生がたくさんいました。ここは学生がよく使うパブで、酒場としての起源は1381年に遡るそうです。バーベキューソース味の柔らかい肉”Jerk Beef Short Rib”が美味しかった。ハンプトンコートの「Mezzet Lebanese Restaurant」では、生まれて初めてレバノン料理を食べ、ストラットフォード・アポン・エイボンの「Garrick Inn」(建物は1594年建設)ではヘンリー8世の時代に創作された料理”Beef&Aale Pie”を食べました。中東にチューダー朝、冷凍食品やフィッシュ&チップスばかり食べていた週に比べると、先週の食生活は充実していたような気がします。


       インド料理店 「Punjab」             バターチキン・カレー     17世紀の料理”Chicken & Ham hock Trencher”

    1594年に建設された「Garrick Inn」 店内          チューダー朝の料理”Beef&Aale Pie”   チューダーキッチンに展示されていたパイ

               ハンプトンコートのレストラン「Mezzet Lebanese Restaurant」       レバノン料理

フィッシュアンドチップスとパブ
[2017/05/21]

「Тhe Golden Hind」 フィッシュアンドチップス

相変わらず、毎日、フィッシュアンドチップスを食べています。ロンドン留学中、何回もフィッシュアンドチップス、ケバブの店を利用しました。両方とも脂っぽい食べ物ですが、若さゆえ、このような食生活も維持できるのでしょう。先週はベーカーストリートの「Тhe Golden Hind,Мarylebone」やサザークの「Мasters Super Fish」に行きました。有名な店のフィッシュアンドチップスは美味しい! 衣の色が美しくサクサクで、タルタルソースとの相性も抜群。やっぱり、フィッシュアンドチップスは止められません。         ベーカーストリート 「Тhe Golden Hind」
イギリス料理は不味いので有名です(それでもロンドン・オリンピック以降はましになったと、みんな、言っています)。郷土料理は個性的ですが美味しくないので、つい、フィッシュアンドチップスを注文してしまう。なぜ、イギリスの料理は美味しくないのか。理由は環境や風土にあると考えられます。日本もイギリスと同じ島国ですが、太平洋、日本海を流れる暖流のお陰で、森を中心とした自然が豊か、海が遠浅なので魚介類も豊富。一方、イギリスは羊を飼ったせいで、森が絶滅し、寒いせいで植物の種類も少ない。おまけに海は荒れ、魚介類も思ったほど取れません。日本とイギリスの食の最大の違いは多様性の多少と新鮮さの有無でしょう。 料理の美味しいフランス、中国、日本はいずれも自然が豊かです。日本独自のファーストフードは、やっぱり「回転ずし」ですかね。

ところで、ディケンスの家に行った後、彼の行きつけの店パブ、「Ye Olde Cheshire Cheese」に行きました。パブの始まりは巡礼者のための宿泊施設(木賃宿のようなもの)ですが、17世紀から続くパブの構造はカンタベリーで観たホスピタルに起源があるようです。それをふまえてパブで食事をすると、外国から来た私には一層、旅の感覚が強まります。歴史のあるパブは外国人にとって不思議な感覚に浸ることができる場所です。 オックスフォードに行った時には、有名な「Kings Arms」で卵を肉で包んで揚げたスコッチエッグを、夕食は英語クラスの先生が教えてくれた「Turf Tavern」でサンデーローストを食べました。芋は外がカリカリ、中はジューシー。路地裏にある古いパブ。口コミじゃないと見つけられない中庭(テラス)がある素敵なパブでした。
「Ye Olde Cheshire Cheese」                   ボスポラス ケバブ


「Ye Olde Cheshire Cheese」 フィッシュアンドチップス           「Мasters Super Fish」 店内とフィッシュアンドチップス

「Kings Arms」スコッチエッグ                                「Turf Tavern」テラスとサンデーロースト

ヨークシャー・プディング
[2017/05/14]

ヨークの古いパブ「Old White Swan」

ヨークシャー・プディングはイングランドのヨークシャー州で生まれた家庭料理です。ふわふわもちもちのシュークリームのような皮で、ローストビーフなどに添え、ホースラデッシュやグレイビーソースと一緒に食べます。料理というよりは付け合わせ。私はハワースの「Black Bull」でヨークシャー・プディングを食べたのですが、最近、料理が出てくるとお腹が空きすぎて、思わず料理に手を付けてしまい、半分以上食べた後で写真を撮ることを忘れたことに気づきます。その時はすでに遅く、今回の旅行では、1回しか食前の料理の写真を撮れず、ホームページにアップすることができませんでした。完全な料理の写真を撮りそこなったのは残念です。
それから、もう一つ残念なのは、リバプールで目的の店が閉まっていたこと。今回、リバプールのブライドウェルでスカウズという料理を食べることを楽しみにしていたのですが、店に行くと閉まっていました。スカウズは私にとって幻の料理となりました。いつか、スカウズを食べられる日が来ることを楽しみにしています。


ハワースのレストラン「Black Bull」

フィッシュ・ケーキ
[2017/05/07]

「Old Weaver's House」フィッシュ・ケーキ

相変わらず、毎日、フィッシュアンドチップスを食べています。そのような食生活の中で、今週は英国料理を味わいました。食べた料理は「Munchkins」のシェパーズ・パイ、「Ye Olde Cheshire Cheese」のハンバーガー、カンタベリーの「Old Weaver's House」のローストビーフ、フィッシュ・ケーキ、ヘイスティングスの「Lathams Brasserie」で食べた”Fresh Fish of day”(今日の魚料理)です。今回は、せっかく海沿いの街に行ったのにドーバーソウルを食べのがしたのが残念でした。

「Ye Olde Cheshire Cheese」は小説家ディケンズが通ったパブ、「Old Weaver's House」は15世紀にたてられた建物内にあるレストランです。どちらも雰囲気があって、面白かった。シェパーズ・パイはマッシュポテトで作るパイ皮と牛肉で作るミートパイで農家(コテージ)で食べてられていたことからコテージパイとも呼ばれています。フィッシュ・ケーキは魚のすり身をあげたコロッケのような料理、”Fresh Fish of day”はサーモンのフライをレモンとハーブ、ビネガーで味付けした料理でした。 海沿いの町で1人で食事をしたのですが、そこからヘイスティングスの海を眺めていると、この海は日本にもつながっているのだなと感慨にふけりました。
ところで、同じ島国でも、日本は魚介類が豊富です。毎日、美味しい魚が安価で食べられる日本人は幸せだと思います。ハギス、シェパーズ・パイ、フィッシュ・ケーキ、フレッシュ・フィッシュ・オブ・ザ・ディ……、イギリスで今まで食べたことのない料理を食べるのは良いのですが、最近、美味しいビールと運動不足のせいか、少々、太り気味です。


  「Munchkins」 シェパーズ・パイ                               「Ye Olde Cheshire Cheese」 ハンバーガー

                カンタベリー 「Old Weaver's House」 ローストビーフ                             イングリッシュ ブレックファスト

                           ヘイスティングス「Lathams Brasserie」 ”Fresh Fish of day”(今日の魚料理)

上へ戻る   ホーム