グルメ   食いしん坊なので、気に入った店を紹介します。

西荻の居酒屋と駅弁
[2021/03/28]

卒業式の翌日、24日(水)、都倉ゼミの学生と北里柴三郎記念室に行ったのですが、集合時間前、山食でクラウドファンディングの寄付のお礼にもらったチケットを使い、カツカレーを食べました。クラウドファンディングによって、山食が閉鎖の危機を乗り越えられたのでほっとしています。 その日の夕方、むし箱の女将と父と一緒に、「戎」に行きました。「戎」は西荻を代表する居酒屋です。大学時代、何度も仲間たちと「戎」で飲みました。イワシコロッケや焼き鳥を始め、店自体の雰囲気が味わい深い店です。その後、2か月半ぶりに営業を再開した「むし箱」に行きました。この店の女将には、長年にわたって世話になっています。私が西荻に行った時、立ち寄っていた店は「むし箱」「カンパイ」「えんづ」「赤鼻」「戎」「万福飯店」「ゴローゾ・テツ」などなど。現在はコロナ禍の影響で営業時間が短縮されていますが、どの店も良い店なのでアフターコロナに是非、訪ねてみてください。 27日(土)、新幹線に乗って広島に向かう時、駅弁を買いました。最近は毎日、家で過ごしていたので、遠くへ行くことが新鮮に感じます。コロナ禍でも旅気分を味わえるのは楽しいですね。28日(日)にはマツダスタジアムで球場の名物・カープうどんを食べました。試合を見ながら食べる、カープうどん、最高です!



大学時代最後のラーメン二郎
[2021/03/21]

月曜日に大学の先輩と飲みに行きました。閉店時間が20時なので短い時間しか飲むことができませんが、久々に居酒屋で楽しい時間を味わうことができました。
先週はこの他にも、メディア・コミュニケーション研究所の修了式の前に「ラーメン二郎」、日曜日に高校の同級生と浅草の神谷バーへ飲みに行ったので、週3回、外食したことになります。 以前は当たり前だったことが、今では非日常に感じてしまいます。明後日(22日)、緊急事態宣言が解除されるのですがどうなることやら。浮かれていては4月にコロナ禍が再発するのは目に見えています。 ちなみに、「ラーメン二郎」でラーメンを食べるのは、今回が大学時代最後。ニンニクやヤサイを「ましまし」にして、二郎のラーメンを堪能しました。 機会があれば、再び、ここに戻ってきたい。その時は、どんな気持ちでラーメンを食べているのでしょう。


家庭料理
[2021/03/14]

このブログも、あと少しで終わるので、我が家の家庭料理の写真をアップします。コロナ禍が始まって以降、就職活動も重なって、ほとんど外食していません。それでも家で美味しい料理を食べることができるので、母には感謝しています。 しかし、母の料理を食べることができるのも、あと3週間。4月には社員寮に入るので、当分、実家の料理は食べられそうにもありません。金曜日の夕方の食べる祖母の料理も食べられなくなる。それで、家を出ていく前に家庭料理の味を堪能しようと考えています。4年間、自分が食べた料理をブログにアップしてきましたが、それを見ると自分の性格が反映されているような感じがします。 どんな性格か?
やっぱり、ラーメンのような性格ですね!




もう、飲み屋に行く気力が失せてしまった
[2021/03/07]

3月7日、関東の一都三県で2週間の「緊急事態宣言」延長が発表されました。花粉症にかかったのと宣言延長のニュースを見て、全く外出する気が無くなってしまいました。あれだけ飲み屋に行くのが好きだったのに、コロナ禍で燃え尽きた感じがします。これが大学生活最後の3月になるとは……。
フランスに留学していた時、各地で食べたフランス料理のことを思い出すと夢の見ていたような気分になります。でも、夢を見られただけ幸せかもしれません。美術・音楽のブログと同じように、この時期、懐古趣味になるとは自分でも予想ができませんでした。



上へ戻る   ホーム