美術・音楽 2020年8月

オラファー・エリアソン展
[2020/08/30]

2020年6月9日~2020年9月27日
東京都現代美術館

東京都現代美術館で開催されているオラファー・エリアソン「ときに川は橋となる」展(~9月27日まで)に行きました。美術展に行くのは、今年3月の「ブタペスト展」(国立西洋美術館)以来、6カ月ぶりです。「ブタペスト展」を見た翌週、オラファー・エリアソン展を見に行く予定にしていたのですが、3月14日開幕が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止になりました。延期された展覧会は6月9日に開幕しましたが、この時期、私は就活が失敗した時期で、美術鑑賞どころではありませんでした。コロナ禍も落ち着き、展覧会が開催されているので、「就活を終えて美術館に行く」という夢がやっと実現しました。展覧会場には環境問題に関心のあるオラファーの美術とサイエンスが合体したような作品が並んでいます。美術品というよりも繊細で科学的、それがある空間や空気が作品になっています。見ているとリラックスできます。作品と空間が良好な関係を保っているので、見ていると固定観念から解放されるような感じになるのでしょう。心地よい展覧会です。新型コロナウイルス感染騒動の時期に、オラファーの展覧会が開催されること自体、因縁のようなものを感じます。人間は自然の驚異をコントロールできる域には達していないのですから、コロナウイルスとは共存するしかないですね。


絶対に行きたい展覧会ベスト3
[2020/08/23]

就職活動が終わったので美術館に行こうと考えていますが、毎日が異常な真夏日なので、外に出る気になりません。それで、美術館巡りを再開するのは来週からになりそうです。
絶対に行きたい展覧会は、オラファー・エリアソン「ときに川は橋となる」(東京都現代美術館、9月27日まで)、「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」(国立新美術館、11月3日まで)。この2つの展覧会は、もう少し涼しくなってから落ち着いて観賞しようと思っています。8月23日、NHK教育テレビ「日曜美術館」で、「あるがままのアート」(東京藝術大学美術館、9月6日まで)展を取り上げていました。この展覧会は障害を持つ人が描いたアール・ブリュットやアウトサイダー・アートを紹介する展覧会です。番組を見ていると、本展に俄然、興味がわきます。「あるがままのアート」の開催期間が短いので、来週はこの展覧会に行こうと思います。楽しみだな~!

写真:https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2020/arugamama/arugamama_ja.htm


中止になった甲斐バンド「100万$ナイトin横浜赤レンガ倉庫」
[2020/08/16]

甲斐バンドは、私にとって人生の節目に聴くバンドです。初めて甲斐バンドを見に行ったのは小学校6年生、中学入試の終わった後です。この時のコンサートは「NEVER END BEATNIK TOUR 08-09-THE ONE NIGHT STAND」として発売されています。そして最後に見たのが今年1月、NHKホールで行われたツアー。そのコンサートの3日後、NHKのインターンの面接を受けたのですが、不通過となりました。それでNHKに入社することが難しくなってしまった。今、思い返すと…。その時、7月に横浜の赤レンガ倉庫で野外コンサートがあることを知り、就活を終えて行く予定にしていたのですが、コンサート自体がコロナウィルス感染拡大で中止となってしまいました。このようなことは人生で初めて。まあ、コンサートは7月12日に開催の予定だったので行くことができませんでしたが…。将来、就活のことを振り返ると、赤レンガ倉庫のコンサートが中止になったことを思い出すかもしれません。

写真:https://www.timeout.com/tokyo/news/a-new-uniqlo-tokyo-global-flagship-store-is-opening-in-ginza-on-june-19


上へ戻る   ホーム