美術・音楽 2020年7月

「UNIQLO TOKYO」
[2020/07/12]

就活の気分転換に母と一緒に「UNIQLO TOKYO」にシャツを買いに行きました。「UNIQLO TOKYO」はマロニエゲート銀座の1階から4階までの4フロアに移転・拡大したユニクロの新店舗です。 佐藤可士和と建築家ユニット、ヘルツォーク・アンド・ド・ムーロン(H&D・М)が基本設計を担当しました。H&D・Мはロンドンのテート・モダン「タンク」や北京オリンピックの北京国家体育場(鳥の巣)を設計したチーム。シンプルなデザインに特徴があります。 実際に行くと内装が吹き抜けで、映画「ブレードランナー」の中に登場する近未来的な町を明るくした感じがしました。庶民っぽいので開放感があります。百貨店を現代的にした新空間。これまで百貨店中心に内装を見てきたのですが、「UNIQLO TOKYO」を見ると、私たちの想像を超えて商売も建物も急速に進化しているようです。 久しぶりに外出して楽しかったですね。

写真:https://www.timeout.com/tokyo/news/a-new-uniqlo-tokyo-global-flagship-store-is-opening-in-ginza-on-june-19


上へ戻る   ホーム