美術・音楽 2019年3月

ナタリアさんの「金継ぎ」、「軸装」インタンビュー
[2019/03/31]

28日、遊工房に滞在中のスペイン人作家ナタリアさん(作家HP http://www.nataliaescuderolopez.comと西荻にある骨董屋・仙遊洞さんに金継ぎの話、数寄和さんに軸装の話を聞きに行きました。 仙遊洞さんや数寄和さんは父と懇意な知人で、いろいろな歴史と美術の話をしてくれます。ナタリアさんはSNSで日本人の金継ぎや軸装に興味を持ち、今回のインタビューとなりました。 仙遊洞さんは、金継ぎについて知りたいのであれば、「日本が金の国(ジパング)や漆の国(ジャパン)の歴史を知らなければならない」、 「壊れた陶磁器を日本人が直すのは、物の持つ物語性を大切にするからだ」と話していました。一方、数寄和さんでは手作りの金が刺繍された軸用の飾り和紙を見せてもらい、日本人の和紙に対する考え方の話を聞きました。 現在、人気のある日本画の作品も見せてもらったのですが、どれも美しかった。今回は骨董屋やギャラリーで、美術作品を間近で見ることができ、美術館や博物館で見るのとは違う感覚を持つことができました。 ところで、ナタリアさんとは英語で話したのですが、最近、英語での会話の場面にしばしば遭遇するので、英会話を上達させる必要性を感じます。今年は英語の勉強を再開しよう!

写真:http://www.youkobo.co.jp/air/main_NataliaEscudero_Retrato_Marzo18.jpg
https://mag.japaaan.com/step/43111
https://sukiwagallery.net/archives/3803


ル・コルビジェ展、「春の瞬き」展、櫻木綾子・加藤康司展、ナタリア・エスクデロ・ロペス展
[2019/03/24]

2019年2月19日(火)~5月19日(日)
国立西洋美術館

19日に東大の美術サークルのU君と、「ル・コルビジェ展」に行きました。彼と一緒に展覧会に行くのは、2018年11月のリューベンス展」(西洋美術館)以来、4か月ぶりです。ル・コルビジェ(1887年~1965年)はフランスで活躍した、20世紀を代表するスイス人の建築家。今回の展覧会は、彼とその友人が推進した「ピュリスム(純粋主義)」時代の10年間の作品にスポットを当てた展覧会です。たくさんの作品が展示されていたので、コルビジェの建築思想を理解することができます。ところで、フランスに留学していた自分 私はマルセイユにあるル・コルビジェが設計したシテ・ラディユーズに行き、建物内にあるホテルに泊まり、パリのサボォア邸にも行きました。私は近代建築よりも古代や中世の建築様式が好きですが、ル・コルビジェが作るモダン建築は心に迫るものがあります。展覧会の後、私の親戚が経営してる「きみひら」で食事をした時、「今、U君は何しているの?」と聞くと、「素粒子の運動を計算する数式を覚えている。大変なんだ」という答えが返ってきました? 違う分野を専攻する友人で会っても、趣味が同じだと飲んでいて楽しいですね。

東京芸術大学大学院修了 五人展「春の瞬き」 2019年3月16日(土)~22日(金)
ギャラリー「数寄和」

18日(月)、西荻のギャラリー「数寄和」で行われている「春の瞬き」(3月16日~22日)、東京芸術大学大学院修了した石山涼(壁画)、佐野梓(鍍金)、神保惇(陶芸)、高橋瑞稀(日本画)、三宅世梨菜(日本画)の五人の展覧会に行きました。芸術大学院生の卒業作品だけあって上手です。 若い作家ですが、彼らが日本の美術界を背負っていくのでしょう。

櫻木綾子、加藤康司の「石の体温(と)呼吸の足跡展」
ナタリア・エスクデロ・ロペスの「多島展」
2019年3月20日(水)~24日(日) 遊工房アートスペース

22日(金)には遊工房アートスペースで開催されている櫻木綾子、加藤康司の「石の体温(と)呼吸の足跡展」と、ナタリア・エスクデロ・ロペスの「多島展」(3月20日~24日)を観ました。遊工房は海外のアーティストを受け入れ、滞在させて制作発表をさせるアーティスト・イン・レジデンスです。 スペイン人作家のロペスさんの作品はコンセプチュアル・アートのようでオシャレでした。一方、ファッションデザインの櫻木綾子、映像作家の加藤康司は、東京芸術大学グローバルアートプラクティス専攻の作家で、今回の展覧会は「人間」と「自然」をテーマに、筑波山を題材に作品を製作していました。 この日、製作したユーチューブ動画は、こちらhttps://youtu.be/kPcoxB_Rzjsで見ることができます。よろしくお願いいたします。

写真:https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1819739
https://sukiwagallery.net/archives/category/2019
http://www.youkobo.co.jp/


ニパフ2019、パレットクラブ早慶展
[2019/03/17]

12日(火)にアーツ千代田3331で行われた「ニパフ2019」(日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル)のお手伝いに行きました。ニパフは国際的なパフォーマンス・フェスティバルですが、国際的な割に採算が合わず、手弁当的な感じで活動を続けています。 これは芸術の宿命でしょうか。芸術、一度、この世界に魅了されると楽しくて抜け出せなるようです。この日、準備した後、公演を観ました。今回のニパフには、私の師である岡原先生も参加しています。ニパフ2019」は先週、西荻の「驢馬とオレンジ」でも観たのですが、アーツ千代田3331のニパフは観客も多く、会場が広かったので迫力がありました。私が気に入ったのはスペインから来たニエベス・コレアさんとアベル・ロウレダさんのパフォーマンスでした。扇子を使ったパフォーマンスで、日本で見た歌舞伎にインスパイアされたそうです。

美術サークル・早慶展
2019年3月13日(水)~15日(金)
原宿 フェスタ・ギャラリー

13日(水)~15日(金)まで、原宿のフェスタ・ギャラリーで毎年恒例の「美術サークル・早慶展」が行われました。 私は2点出品したのですが、ギャラリーの人に次のようなコメントをもらいました。「キャンバスに編みぐるみ!? とっても斬新な作品ですよね! ビビットな色合いも目を惹きますが、このキャラクターもシュールなかわいさがあります。 一度見たら忘れない、インパクトのある作品でした」。他の人に評価していただくと嬉しいですね。


「ニパフ2019年」開催
[2019/03/10]

2019年3月10日~3月21日
東京、京都、大阪、松本、長野

「ニパフ」は、「日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル」の略で、外国人を含む多国籍のパフォーマーが一堂に集まり、様々なパフォーマンスを繰り広げるイベントです。ニパフを主宰する霜田誠二さんは、慶應大学や武蔵野美術大学でパフォーマンスを教えている日本を代表するパフォーマー。私は昨年、霜田さんの授業を受け、2度、人前でパフォーマンスを行い、さらに大学のゼミの岡原先生もニパフに参加しているので、最近はすっかりパフォーマンスづいています。 今年は3月10日(日)に第25回の「ニパフ」が始まり、東京、京都、大阪、松本、長野で9回の公演が開催されます。 10日、西荻「驢馬とオレンジ」で行われた最初の公演を観に行きました。霜田さんのパフォーマンスを見ると、春が来た感じがします。この日は9人が10分ほどの短いパフォーマンスを行いました。各国を代表するパフォーマーのパフォーマンスなので時間が短い割に内容が濃く、充実した公演でした。特にカフェの照明を使った影のパフォーマンスは面白かったでね。イベントの後、出演者や来場者、皆で飲みに行きました。話をしていると参加した海外アーティストが西荻の雰囲気を気に入っていることがわかりました。良かったですね。


ふたたび、「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[2019/03/03]

2018年10月30日~2019年3月3日
国立科学博物館

アメリカ史をやっていて、インダストーのことに興味がわいたので、もう一度、「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」に行きました。前回は日本の技術を観に行ったのですが、今回はアメリカの製品や歴史と比較しながら見ることができたので、前回とは違った見方ができたのが良かったです。 展示物はいろいろ見ごたえがありますが、今回、印象に残ったのは、1984年に発売されたコンピュウターを身に着けるために作られた「セイコーUC-2000」、持ち運びを可能にしたラジカセサイズのトランジスタテレビ「ソニー」などです。ユニークな製品ですが技術的には高い技術を要しています。 このような物を作る日本人技術者は不思議な感覚を持っているなと感じました。ところで、日本は太平洋戦争がなければ、1940年にテレビ放送を開始していたようです(実際にテレビ放送が始まったのは1953年)。もし、日本人が戦争をしていなければ、もっと技術的発展があったような気がしました。

写真:https://www.youtube.com/watch?v=S01ct5kHp-Y
https://dot.asahi.com/photogallery/archives/2018101900037/5/


上へ戻る   ホーム