美術・音楽 2016年6月

銀座 大黒屋ギャラリー
「2016年 慶美展 the 34th ―慶應義塾大学パレットクラブ慶美会 展覧会―」
[2016/06/26]

「慶美展」に出品した私の作品です。
解説するよりも、デザインを見たほうが、何を言いたいか伝わるでしょう。

作品名 「輸出マッチ」

「2016年 慶美展 the 34th ―慶應義塾大学パレットクラブ慶美会 展覧会―」
場所:銀座 大黒屋ギャラリー
期間:2016年6月21日〜6月26日 11時〜19時





慶應美術展 作品制作
[2016/06/19]

今週は21日から、銀座の大黒屋ギャラリーで行われる「慶美展」に出品する作品を制作しました。 慶美展はパレットクラブのOB会に主催の展覧会です。 OB、OGが中心となる展覧会ですが、学生も参加して良いとのことだったので、出品させていただきました。
パレットクラブは1899年に設立された、100年以上の伝統を持つ慶應義塾唯一の綜合芸術団体。 美術を愛好する塾生たちが絵を描いていたところ、福澤先生から「一生懸命やりなさい」と30円を頂き、当時完成したばかりの校舎(現塾監局)の一室を借りて、その活動が始まりました。 現在は日吉のアトリエを中心に活動しています。
2年生から入部した私は今回が初めての出品ですが、学生のうちから、銀座のギャラリーの展覧会に出品できるなんて、さすが慶應。 ほかの現役生やOB、OGの方の作品もみるので、来週が楽しみです。


MIYAKEISSEI展:三宅一生の仕事
[2016/06/12]

2016年3月16日〜6月13日
国立新美術館

補講日を利用して国立新美術館の「MIYAKEIISEI展:三宅一生の仕事」を見てきました。三宅一生(1938年生)は広島県出身のファッションデザイナー。 原爆による破壊の衝撃と戦後の復興、平和記念公園や平和大橋など建築作品へ感銘から、美術の道を志します。 多摩美術大学在籍時から装腕賞で佳作を受賞するなど頭角を現し、1973年にパリコレクションに出品しました。 1983年にはフランスの最高勲章であるレジオン・ドヌール勲章を受章しています。 三宅一生のブランド「ISSEI MIYAKE」は若者に人気で、会場にはオシャレな若者の姿が見られました。

三宅一生の服飾のコンセプトは「一枚の布から衣服つくる」こと。 西洋でも東洋でもない「世界服」の創造を目指しています。 展覧会には布を丸ごと1枚利用したジャンプスーツや折り畳むと正方形になる服、プリーツ状の生地でできた服など奇抜なデザインの洋服が展示されていました。 「一枚の布」をコンセプトにする三宅のデザインは弥生時代の「貫頭衣」に近い気がします。 貫頭衣とは2つ折りにした1枚の布に首を通す穴をあけた衣装で、3世紀頃の日本で着用されました。「一枚の布」から作るシンプルなデザインの三宅の服は、弥生的な印象です。 開墾と水稲作が行われた弥生時代の人々は、縄文人に比べて忙しかったようですが、忙しい現代の若者も三宅の弥生的でシンプルなデザインに惹かれるのでしょうか。

写真:http://2016.miyakeissey.org/exhibition


「HE POET SPEAKS アレン・ギンズバーグへのオマージュ」
[2016/06/05]

2016年6月4日
すみだトリフォニーホール

フィリップ・グラスとパティ・スミスのコンサート「HE POET SPEAKS アレン・ギンズバーグへのオマージュ」に行きました。 コンサートではフィリップ・グラスの演奏に乗せて、パティ・スミスがアレン・ギンズバーグの詩を吟じます。
アレン・ギンズバーグは1926年生まれのアメリカの詩人。ビート文学(ビートニク)を代表する作家で、「吠える」などの代表作は、村上春樹など世界中の作家に大きな影響を与えて続けています。 フィリップ・グラス(1937年)はアメリカ生まれの作曲家。1980年代に盛んになったミニマルミュージックのアーティスト。 ラヴィ・シャンカルに影響を受け、「浜辺のアインシュタイン」や「サチャグラハ」などの作品を発表しています。
パティ・スミスは「パンクの女王」と呼ばれた、アメリカのロッカー。「Gloria」「Because the night」などの代表曲があり、ニューヨーク・パンクを牽引した一人です。 文学、現代音楽、パンクという異なるジャンルで活動する3人は一緒に講演活動を行っていのですが、1997年にアレン・ギンズバーグが亡くなると、それが中止されます。 それが「アレン・ギンズバーグ生誕90年」を機に、フィリップ・グラスとパティ・スミスの2人は活動を再開させました。
アレン・ギンズバーグの詩を聞いたのは初めてですが、力強く、迫力があり、フィリップ・グラスの音楽とパティ・スミスの語り口も素晴らしく、良質なアートに触れた感じがして感動しました。さすが!

先週、オバマ大統領が広島を訪問しました。大統領が平和慰霊碑の前で行った演説に感動した人も多いのではないでしょうか。また、コンサートが行われた6月4日、元ヘヴィー級チャンピョンのモハメド・アリが亡くなりました。ベトナム戦争に反対、徴兵を拒否し剥奪されたタイトルを奪還した伝説的ボクサーの死は、一つの時代の終焉を意味しています。
このような状況の中で反核や環境保護、ヒッピームーブメントに大きな影響を与えたギンズバーグの詩が読まれるのは意義があるような気がします。世代を超えても、人々は平和を維持する活動をする責任があるのではないでしょうか。

写真:http://www.parco-play.com/web/program/poetspeaks/


上へ戻る   ホーム